カテゴリー

ライトショアジギング初心者におすすめなリールとは

ライトショアジギング初心者におすすめな 厳選リール

こんにちわ
今回はライトショアジギングにおすすめなリール5選ということで紹介していきますが、
初心者~中級者までを対象としていますのでハイエンドモデルなどは入れていません。
予算3万円までのミドルモデル以下でおすすめなものを紹介していきます。

ライトショアジギングに適したリールとは

基本的にはタックルバランスありきだと思ってください。
ロッド、リール、ラインまどバランスの良いタックルを選ぶことが重要です。
ライトショアジギングのリールだけの話をするのであれば、ジグを投げる際の負荷に耐えられる耐久力と青物の引きに耐えられるドラグ力、それと飛距離の出るスプール形状や糸巻き量などを考慮する必要があります。
ショアジギングでは不意な大物でも耐えられるものが望ましいのでドラグは最低でも10kg以上、糸巻き量はPE1号が150m程度巻けるものが良いと思います。
ギアタイプは初心者であればハイギアモデルを選んでおけば大丈夫です。

おすすめリール


DAIWA カルディア 


実質1万後半~2万前後のミドルモデル。
3000-4000番がライトショアなら適しています。
最新のドラグシステムであるATD、飛距離のでるABSⅡ、耐久力があるタフネスギア、堅牢で軽いザイオンボディなどミドルクラスとは思えないスペックを搭載しているので長く愛用できるモデルです。

DAIWA レグザ

ダイワの2019最新モデル。
過酷なフィッシングシーンを想定し、開発されたタフさに優れる軽量小型スピニングリール。アルミニウムを採用した堅牢ボディがタフデジギアをしっかり支え、マグシールドがその滑らかな回転を海水による塩ガミや異物の混入から守る。シーバス、ショアジギング、ロックフィッシュゲームなど幅広く対応しているモデル
こちらも3000‐4000番程度のものが良い。
最新モデルなだけあって最新の機能を詰め込んだコスパが高いオススメ機種。
カルディアよりも価格を抑えたい方におススメなモデルです。

SHIMANO ストラディックSW

ハードな釣りに適したSWシリーズ。ローラークラッチ&ラインローラーには防水性を高めるXプロテクトを採用。さらに、精密冷間鍛造の硬く粘り強いHAGANEギア、リールのたわみや歪み、ネジレをしっかりと抑制するHAGANEボディ、負荷に強い軽快なリーリングを保持するX-SHIPを搭載。また、操作性を高め、耐久性に優れたカーボンクロスワッシャやCI4+ハンドルノブの採用。
少し前のフラグシップにも引けを取らないハイスペックなリール。
ライトなショアジギングから船でのジギングまでこなせる。
4000-5000番のモデルが最適。

SHIMANO スフェロスSW

スフェロスSWは海の大物にも負けないパワーとタフネスを持ったコンパクトなSWリールです。心臓部には冷間鍛造製のHAGANEギアを、ボディにはアルミニウム製のHAGANEボディを採用することで、不意の大物にも負けないギア強度と巻き上げパワーをアングラーに提供します。またハンドルにはガタの少ないねじ込み式、ドラグワッシャーには耐久性の高いカーボン素材を採用するなど、コンパクトながら、大物とも安心してやりとりできる頼れるリールです。
ばライトショアなら4000XGで十分対応できる。

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り