カテゴリー

秋に釣れるオススメな魚と釣り方を紹介!堤防や磯で釣れる魚特集

秋に釣れる!オススメの魚と釣り方

秋の釣りの特徴

秋釣りは、何と言っても気候が過ごしやすく、快適に釣りが出来るベストシーズンの一つです。

また、魚も冬や春先の産卵に備えて、積極的に獲物を捕食するので釣れやすい季節です。

秋は春同様に潮位差が大きいのが特徴で、夕マズメの時間帯と満潮が重なることで、

更に魚の活性をさらに上げてくれる効果もあることが、釣果へと関係しています

秋は日によっては寒暖差が大きく、服装を間違えると釣りにならない事もあるので、十分な準備をしておくのが良いでしょう。

また、台風などの後は、波や潮位が高くなるので十分な注意が必要です。

 

秋に釣れる魚5

ここでは『秋に釣れる魚』で、旬を迎えるもの、釣りやすいものなど、オススメの魚や釣り方などを紹介していきたいと思います。

 

秋に釣れる魚アジ

 

小さな群れで回遊する魚で、日本のほぼ全域に生息しています。

アジにも色々種類がありますが、代表的なものは「マアジ」が有名です。

他にもマルアジなどの種類がいます。

釣りと言えば「アジ釣り」思い浮かべる人も多いであろう、

釣り人にとっても最もポピュラーな魚です。

秋から冬にかけては大型のアジも回遊するので、尺アジを求めて各地を

巡るアジンガーも多くいる人気のターゲットが「アジ」です。

食用でも沢山の用途に使われますが、秋~冬にかけてのアジは油がのり、

とても美味しい季節です。

 

秋アジの釣り方

アジの釣り方は沢山ありますが、目的によって釣り方を変えると楽しみ方が広がります。

数を釣りたいなら「カゴ釣り」のサビキが最も釣れるでしょう。

アジ釣りをゲームとして1匹ずつの駆け引きやファイトを楽しみたいのなら「アジング」が良いでしょう。

その他にもウキ釣りなど色々な釣り方を楽しめるのが、アジ釣りの魅力です。

アジの詳しい釣り方やコツはコチラ

 

 

秋に釣れる魚サバ

 

こちらも小型の回遊魚で、晩夏~秋にかけては堤防などでも良型の油が乗った「秋サバ」が狙えます。

サバには主に「マサバ」「ゴマサバ」の2種類がいますが、一般的にマサバの方が美味とされています。

 

秋サバの釣り方

 

サバは堤防や漁港などで手軽に釣れるほか、ボート釣りや船釣りにおいても比較的簡単に狙える魚です。

餌釣りの場合はコマセを入れたサビキ釣りやカゴ釣りになります。


サバはルアーでも狙う事ができます。
シーバスロッドに軽量のメタルジグを付けて釣る方法が一般的です。

サバの場合はどうしても回遊待ちになるので、潮通しの良いエリアでマズメの時間帯を狙うのが効率的です。

 

⇒サバの詳しい釣り方やコツはコチラ

 

 

秋に釣れる魚アオリイカ

アオリイカは北海道南部以南の日本全域で見られ、温暖な海で生息しています。

足場のよい堤防からねらうことが多いが磯や砂浜、ボートなどからも釣ることができるターゲットです。

 

アオリイカのシーズンは主に春と秋です

春は産卵の為に浅瀬によって来た親イカを狙うため大型の個体が多いのが春イカの特徴です。

秋イカは春の産卵で、卵から孵化した子イカが成長した個体を狙うので、比較的小ぶりなイカが多い分、数釣りが出来る季節となります。

 

秋イカの釣り方

 

アオリイカの釣り方で特に有名なものは「エギング」と「ヤエン」という釣り方になります。

 

出典:HONDA釣り倶楽部より

 

エギングは餌木(エギ)を用いるルアーの釣り方で、餌木をしゃくってイカを誘います。

餌木は江戸時代に漁具として作られたといわれる日本発祥のルアーで薩摩が発祥ともいわれていて、

西郷隆盛も餌木でアオリイカを釣っていたという逸話があります。

 

出典:HONDA釣り倶楽部より

 

ヤエン釣りはアジなどの活餌を泳がせてヤエンで仕留める伝統的な釣法です。

ハリのついたエサを食わせてアタリと同時に掛けて取るほかの釣りと違い、

ヤエンでのアタリはあくまでアオリイカがアジを抱いて食べているだけなので、この隙にいかに騙しながら、

ヤエンと言う掛けバリをイト伝いに送り込んで掛けるかのやり取りを楽しむ釣り方です。

 

⇒アオリイカの詳しい釣り方やコツ

 

 

秋に釣れる魚シーバス

ルアーフィッシングの代名詞と言えば、シーバス(スズキ)でしょう。

堤防や磯、サーフはもちろん、河川でもシーバスフィッシングは楽しめます。

 

この時期のシーバスは、夏の高水温を嫌うシーバスが深場から浅瀬に帰ってくる時期です。

秋のシーバスは冬の産卵を控えているので、ベイトを荒食いする為、身も油が乗って美味しくなります。

外海で釣れたシーバスは食用としても、刺身や焼き物などがとても美味です。

 

 

秋のシーバスの釣り方

 

シーバスの釣り方は様々ありますが、ルアーでの釣りが、最もメジャーではないでしょうか。

海や河川などで釣り方の違いはありますが、基本的にはミノーやバイブレーションを、ただ巻きする釣りになります。

 

他にもシンキングペンシルを使ったドリフト(流し)やワーミング、ジギングなどがありますが、初心者であれば、ただ巻きでOKだと思います。

餌釣りでは、活餌を使った投げ釣りや、アオイソメやテナガエビを餌にするウキ釣りなどがあります。

基本的には地域ごとにシーバスが食べているものが違うので、そのエリアのシーバスが普段何をベイトとしているのかを調べることが重要です。

 

⇒シーバスの詳しい釣り方はコチラ

 

 

秋に釣れる魚カマス

カマスは、肉食のフィッシュイーターでイワシなどの小型回遊魚について回遊していることが多い魚です。

 

ショア(おかっぱり)から釣れるのは、ヤマトカマスとアカカマスが一般的で、小魚が接岸しやすい春と、晩夏~晩秋にかけてが釣りやすいシーズンです。

ベイト次第で真冬でも入れ食いになることがあります。

 

秋のカマスは最も脂がのって美味しい季節になります。

焼き物やフライなどが有名ですが、新鮮なものなら炙りなどの刺身でも食べられます。

 

秋のカマスの釣り方

 

カマスは朝夕のマズメはもちろん釣りやすいですが、それ以外の日中や夜間でも、釣れる魚です。

シーズンごとに決まった場所に接岸することが多いので、実績のポイントや周辺の情報収集が大切になります。

釣り方は色々ありますが、数釣りをしたいのなら、ジグサビキがおススメです。

ジグサビキはメタルジグとサビキの良いところを取ったような仕掛けで餌などのコストもかからず経済的です。

その際に使うタックルはロッドは取り回しの良い8~9フィート前後のもので20g~30g程度のジグを投げられるものにしましょう。

リールは2500番~3000番のものを用意しましょう。


出典:HONDA釣りクラブより

こちらの釣り方は簡単で、キャストしてルアーが海底に着底したら、しゃくりあげてフォール(おとす)を繰り返すのが基本的な釣り方になります。

ただ、サビキを使用している分、根掛かりやライントラブルも発生しやすいので、すぐに交換できる準備をしておいた方が良いです。

 

1匹ずつのあたりを楽しみたいのならアジングなどのライトロッドを使ったルアー釣りが面白いです。

カマスも30cmクラスのものであれば、かなりの引きを味わえます。

タックルは6~7フィート程度のアジングロッドに2,3グラムのジグヘッドを使った釣り方や小型のミノーやジグで釣ることが出来ます。

時間帯や活性をみてルアーを交換していくのが良いでしょう。


出典:HONDA釣りクラブより

 

⇒カマスの詳しい釣り方はコチラ

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り