カテゴリー

カマス釣りの達人が教える ルアーで狙うカマスの釣り方を解説

魳カマス釣りの達人が教える!
ルアーで狙うカマスの釣り方を解説

ほぼ日本全国の堤防や漁港などの手軽な場所で釣れるカマス釣りは、

その手軽さと、カマスの強烈な引きなどを味わえるターゲットとして多くの釣り人に愛されている釣りです。

また、カマスは食用としても非常に美味しい魚で、釣っても良し!食べても良しの魚です。

 

しかし、これからカマスのルアー釣りを始めようと思っている方の中には

「どこでつれるの?」
「どんな釣り方で釣ればよいの?」

など色々な疑問などがあるかと思います。

そこで、今回は自身の経験と釣果を基にした、釣り方やコツ。

さらには、釣れる時期や場所、時間など、これを読めば、
カマス釣りの全てがわかるように解説していきたいと思います。

カマスの釣れる時期

カマスのベストシーズンは秋から初冬になります。

この時期は、産卵を控えたカマスが獲物を求めて接岸しているので、
活性が高い状態で射程圏にはいってくるので、とても釣りやすい時期です。

また、この時期はカマスの旬でもあるので、食べても美味しく頂けます。

カマスの釣れる場所

回遊魚であるカマスは基本的に潮通しの良いエリアを好みます。

しかし、時期になると、漁港内にも獲物を求めてはいってくるので、ベイトが入っていれば、
数日間、釣れ続けることも珍しくありません。

なので、基本的な釣る場所は、潮通しの良い堤防の先端や外海を狙います。

また、鯵などの小魚も釣れている状況であれば、港内でも十分チャンスはあります。

カマスの釣れる時間

カマスが最も活性の上げる時間は「マズメ時」です。

小魚の動くタイミングであれば、朝、夕どちらのマズメも変わらず活性は高い状態となります。

カマスは昼間でも釣ることはできますが、基本的に夜行性の魚です。

夜間のカマスは、港内に入ってベイトを捕食していることが多く、
夜釣りの場合は港内の方が
釣果自体は高くなります

狙う場所は、常夜灯などのシェードやスロープの切れ目などが有力ポイントとなります。

また、食いが渋っている場合でも、潮の動くタイミングで捕食のスイッチが入る場合も多いので、
潮の動きはタイドグラフなどでチェックしておくと良いでしょう。

 

 

カマスのルアータックルの選び方

カマス釣りのロッド選び

堤防などでカマス釣りで使うロッドは、6~7フィート前後のライトロッドを使います。

港内のみなら、もっと短いものでも問題ありませんが、回遊魚であるカマスを狙う場合は、
少し長めの方が飛距離にアドバンテージがあります。


ロッドパワーはU
LL程度あれば問題ありません。

扱えるルアーの重さは、軽量ジグを投げる場合もあるので7グラム程度まで対応しているなら安心です。

ティップは初心者なら、くいこみが良いソリッドタイプを使うと、バラす事がすくなくなります。

逆に、自分から掛けたい中級者以上の場合は感度の良いチューブラタイプが良いでしょう。

ヤマガブランクス 20ブルーカレントⅢ 69

 

カマス釣りのリール選び

カマスの使うリールは、2000~2500番程度の小型スピニングリールです。

カマスでのリール選びは、ライントラブルが出にくい浅溝タイプのスプールが良いです。

とはいえ、ロッドとのバランスが取れているものであれば、特にこだわる必要はありません。

今現在、発売されているものなら、安価でもカマスには十分な性能をもっています。

この数年で色々なテクノロジーが開発され、手頃なモデルでも、

数年前のフラグシップモデルに近いレベルのものもあるので、ストレスなく釣りが楽しめるようになりした。

ダイワ 20ルビアス LT2000S-XH

 

カマス釣りのルアー選び

カマスで使うルアーは基本的にミノーやバイブレーションなど小型プラグです。

 

ジグヘッドを使ったワーミングでも釣れますが、飲み込まれやすいことや、

カマスの強烈な歯でワームが切れてしまいす。

なので、ワードを変える手間や、針ごと飲まれた際には時間がかかります。

 

カマスは食い気が立つ時間が短いので、なるべく手返し良く狙える方が効率的です。

具体的なルアーの選び方としては、活性の高いが高い時間なら、

まずはフローティングミノーやシンキングミノーなどで、表層付近を探ります。

それで反応がない場合などは、アクションのあるバイブレーションなどで誘います。

 

また、ポイントが遠い場合には、20g前後のメタルジグを使います。

この場合も表層から徐々にレンジを落としていくことが大切です。

カマス釣りのライン選び

カマスでのルアー釣りの場合は基本的にPEラインにナイロンリーダーをつけるのがベターです。

カマスは、フッキグしても下に潜る魚ではないので、フロロより癖のないナイロンラインで問題ありません。

 

PEはなるべく細いものを使うと魚への違和感を与えません。

0.3-0.6号程度で、100mあれば十分です。リーダーは8〜12lb程度あれば問題ありません。

 

 

カマス釣りのつのポイント

カマスをルアーで狙う場合には、主に3つの重要なポイントがありますので、それぞれ解説していきます。

カマス攻略ポイント① 同じルアーは何度も使わない

カマスという魚は非常に「スレやすい魚」です。

「スレる」とはどの様な状況かと言うと、

同じルアーを何度も、使ってしまうと警戒して食い渋ってしまうことを言います。

なので、同じルアーで釣れなくなった場合は、別の場所を狙ってポイントを休ませるか、違うルアーにすると良いでしょう。

 

カマス攻略ポイント② キレのある動きが大事

カマスは非常に目の良い魚で、夜間でも獲物を見つけることが出来ます。

特に昼間の光量の多い時間は、スローな動きだとすぐに見切られてしまいますし、何度も通すことによってスレてしまいます。

昼間狙う場合は特に、ルアーにキレのある動きをさせることが大切です。

ゆっくりなリトリーブから高速に切り替えたり、

メリハリのよいストップ&ゴーなどが効果的です。

基本的には、ただ巻きスタイルで問題ありませんが、アタリがないようなら、ロッドアクションを使ってフォールで落とす釣り方も良いでしょう。

 

カマス攻略ポイント③ アジが釣れているエリアを探す

カマス釣りでは、アジの釣果情報が非常重要です。

秋のシーズンでは、カマスのベイトがアジになっていることが多く、構内でアジが釣れている状況なら、カマスの期待感は高いです。

なので、釣り場の情報をネットや釣具店などで下調べしておくと良いでしょう。


出典:フィッシング福岡

 

カマスのツアー釣りまとめ

 

✔︎カマスのベストシーズンは秋から初冬

✔︎カマスは基本的に潮通しのよいエリアを狙う

✔︎カマスはマズメ時に狙うのが基本

✔︎夜釣りなら常夜灯などのシェード狙い

 

①同じルアーは何度も使わない。

②キレのある動きが大事

③アジが釣れているエリアを探す

 

今回はカマスのルアーフィッシングについてお伝えしてきましたが、如何でしたでしょうか?

カマスのルアーフィッシングは誰でも手軽に出来るので、初心者やファミリーにも非常にオススメな釣りです。

もし、これから始めようと思っていたなら、

この機会に、カマスのルアーフィッシングを始めてみて下さいね。

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り