誰でも釣れるショゴ(カンパチ)の釣り方教えます!/釣れる時期&場所&誘い方

初夏~秋にかけて最盛期を迎えるのが「青物」をショアから狙う青物ゲーム。

堤防などで手軽に釣れるものから、磯などで大型を狙うものまで様々です。

 

その中でも、もっともオススメなターゲットは「ショゴ(カンパチの幼魚)」です!

カンパチの幼魚と聞くと、小さいターゲットのようなイメージを持たれるかと思いますが、そんなことはありません(笑)

 

ショアから釣れる青物は色々な魚がいますが、代表的な「イナダ、ワラサ」などと比較すると、その”引き”は全く違います!

イナダやワラサの同型のサイズに比べて、体高があるので、その引きは強烈です。

また、カンパチやヒラマサなどは、根に潜る性質があるので、大型のものは難易度も高いと言われています。

 

これから、私が「ショゴ」釣りをオススメする理由と、誰でも釣れるショゴ釣りのコツなどを解説していきますので、最後までお付き合いください。

 

 

ショゴ釣りがオススメな理由

青物釣りの中でもショゴをオススメする理由として、まず「釣りやすさ」があげられます。

基本的に、ブリやヒラマサなどのターゲットをショアから狙う場合は、イワシなどのベイトありきになる場合が多いという事です。

なので、ベイトがいない状態で、いくら狙っても釣れることは稀です。

しかし、ショゴなどは、小アジや小サバ、小さなエビなど、沿岸に生息しているものを捕食しています。

なので、シーズンになれば、安定して釣れるようになりますし、堤防や漁港内などの足場の安定している場所からでも狙う事が出来るので、青物初心者には特におすすめな魚です。

 

ショゴの釣れる時期

ショゴのシーズンは、地域差はありますが、初夏~秋までとなります。

初夏のころは、15~25cm程度のサイズが多く、アジングタックルなどのライトタックルでも楽しむことが出来ます。

秋が進むにつれサイズはどんどん上がっていき、秋ごろには30~50cm程度も狙う事が出来るようになります。

ある程度成長すると、沖合に出てしまうので、堤防などから狙えるのは、秋頃までとなります。

その後は、水深のある磯や船で狙う事になります。

 

ショゴが釣れる場所&ポイント

ショゴはシーズンになれば、漁港内や堤防、サーフ、磯など様々なエリアで狙う事が出来ます。

初心者なら、手軽に出来る堤防や漁港などをオススメします。

ショゴは潮通しの良いエリアなら、堤防の外海だけではなく、漁港の中の港内にまで入ってきます。

漁港や堤防で特におススメなポイントは以下の場所です。

 

・堤防の先端(船頭)

堤防の先端付近は潮通しも良く、周りより深くなっているので、魚の通り道となっている場合が多いです。

このポイントが最も良い時間は朝夕のマズメ時で、この時間は魚の出入りが行われる為、狙いやすいポイントとなります。

 

・停留船のシェード

停留している船の下は魚の格好の隠れ場となります。

また、ショゴのシーズンは光量の高い夏場の為、日が当たらないシェードを好みます。

この停留船は常に止まっているような大型の船が望ましいです。

 

・スロープの切れ目

スロープとは、出船する船を停めておく、船の駐車場のような場所で、スロープの切れ目には、船を浮かせられるように、一気に深くなっています。

このように、急に深場になっている場所などは、フィッシュイーターが潜みやすく、港内の有望ポイントとなります。

・流れの変化が起こるストラクチャー

テトラポットや橋の柱などは、魚が潜むにはとても適した場所で、海に接していれば流れの変化が出るポイントです。

流れの変化する場所ではプランクトンなどが溜まりやすく、それを捕食する小魚が集まります。

なので、それを捕食するショゴなどのフィッシュイーターも必然的に集まるのです。

 

 

ショゴの釣り方

ショゴはルアー、サビキ、ウキ釣りなど色々な釣り方で狙う事ができます。

堤防で釣れるような30cm未満を狙うなら、アジングで使うようなジグヘッドから軽量のジグ、バイブレーションなど、

色々なタイプのルアーで狙う事が出来ます。

また、サビキ釣りや、オキアミを使ったちょい投げでも釣れることもあります。

 

ショゴを釣る3つのポイント

ショゴ釣りには色々な釣り方がありますが、その中でも私がおススメするのはライトタックルでのショゴゲームです。

アジングタックル、バスタックル、その他ライトタックルで軽量のルアー(1~10g程度)が扱えるのであれば、問題ありません。

それでは、ショゴを釣る為の3つのポイントを解説していきますが、これを知っておくだけで初心者でも簡単に釣ることが出来るようになるので、覚えておきましょう。

 

ショゴを釣るポイント❶
朝マズメの上げ潮を狙う!

ショゴは基本的には、沿岸を回遊している回遊魚です。

特に、夏の漁港などで釣る場合は、朝マズメは釣りがしやすいだけではなく、青物の活性が一番高い時間帯です。

この時間帯に釣る場合は、特に難しいことは必要ありません

潮が流れているポイントにキャストして、中層くらいを意識していれば、ただ巻きでも普通に釣れます。

 

ここで大事なのが、「朝マズメ」と「上げ潮」が重なっていることです。

漁港などの場合、基本的に上げ潮に乗ってショゴは港内などに入ってきてベイトを捕食します。

その時間を過ぎると、ほとんどの個体は沖合に戻ってしまいます。

なので、まず1匹釣りたいということなら「朝マズメ」、「上げ潮」を意識してみて下さい

 

ショゴを釣るポイント❷
ダートアクションを使う!

ショゴは外洋から入りたてのときは、ほかの回遊魚と同じくただ巻きでも釣ることが出来ます。

しかし、港内に居付の個体などは、ただ巻きだとルアーを見切ってしまいます。

なので、居付きの個体を狙う時は、リアクションバイトを狙う事が大切です。

ショゴは視界から一瞬消えるようなダートが効果的で、ロッドを左右に「チョン、チョン」とアクションさせたあとにラインスラッグを利用して横にゆっくり落とすのがコツです。

障害物などのシェードなどに潜んでいる場合、シェードの境目へキャストして、左右へダートをさせると、捕食のスイッチを入れさせることが出来ます。

 

ショゴを釣るポイント❸
フッキングしたら潜らせない!

根に潜る性質のあるショゴは、ファーストラン以外は潜らせないようにコントロールしなければいけません。

20cm以下のショゴなら問題はないかと思いますが、30cm級になれば一気に潜られてしまう場合もあります。

 

ライトタックルなどの場合は、ラインも比例して細い為、ラインテンションが張った状態で海底の根に触れれば簡単に切れてしまいます。

なので、なるべくキツめのドラグやロッドの吸収力を駆使して、魚の突っ込みをいなします。

その為、ロッドはバットにパワーがあり、よく曲がる竿の方が適しています。

 

 

ショゴ釣りのまとめ

✔ショゴ釣りは初夏~秋がシーズン
✔青物釣り初心者ならショゴは釣り易い

ショゴが釣れる場所は、
・堤防の先端(船頭)
・停留船などのシェード
・スロープの切れ目
・流れの変化が起こるストラクチャー

ショゴ釣りのコツは、
①朝マズメ、上げ潮を狙う
②居付きはダートアクションが有効
③フッキングしたら潜らせない

 

今回はショゴのルアー釣りについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

手軽なタックルで強烈な引きを味わえるショゴ釣りは、一度釣れれば病みつきになること間違いなしです。

少しでも興味を持ったのなら、是非ともチャレンジしてほしい釣りです。

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り

 

ピックアップ記事

  1. 【九十九里サーフ】ヒラメの釣り方やポイント解説
  2. <冨浦エリアの釣りマップ> 釣り場ポイントや釣れる魚を紹介
  3. 【鴨川の釣りポイントMAP】千葉・鴨川エリアの釣り場&ポイントを紹介
  4. <富津~金谷釣りポイントマップ>釣り場のポイント/釣れる魚/釣れる時期を解説
  5. 大原海水浴場でヒラメ攻略!ポイント徹底解説( 大原海水浴場・和泉浦海岸・日在海岸…

関連記事

  1. 川釣り

    夏釣り注意!磯ヌカカ(イソヌカカ・磯ブヨ)の予防と刺された後の対策をバッチリ解説

    私が誰かに「釣り人にとって一番の恐怖はなんですか?」と聞かれたら迷…

  2. グルメ

    マルタウグイの絶品料理と食べ方

    マルタウグイの絶品料理と食べ方マルタウグイとは?マルタウグ…

  3. 川釣り

    渓流フライガールにおすすめの釣り用おしゃれファッション

    【これでバッチリ!】渓流フライガールにおすすめのオシャレファッション…

  4. 川釣り

    川のモンスター鯉を釣り上げろ!コイ釣りの基礎からコイを釣るための3つのコツもご紹介!

    鯉川のモンスター「コイ」を釣り上げろ!コイ釣りの基礎からコイを釣る…

  5. 川釣り

    渓流釣りに必要な費用やタックルとは

    こんにちは。皆さんは渓流釣りってどのようなイメージを持たれ…

  6. グルメ

    渓流で釣った魚の調理と食べ方をプロシェフが解説

    渓流釣りの魅力の1つと言えば渓流の清らかな水に住む新鮮な魚を食すこ…

人気のレシピ

人気の魚攻略

釣りポイント

PAGE TOP