タチウオをジギングで攻略!釣れるルアーや効果的なワインドのやり方を教えます!

初夏から秋にかけて、釣っても楽しい!食べても美味しい!ターゲットと言えば、そう「太刀魚」ですよね。

太刀魚は、船で釣るオフショアだけではなく、堤防などでもコツさえ覚えれば簡単に釣れる魚です。

 

今回紹介するのは、太刀魚をジギングで狙う方法です。

餌で釣るよりも、シンプルな仕掛けで狙う事ができ、アクションを使って釣るのでゲーム性も抜群です。

この記事では、初心者でも簡単に覚えられるよう「太刀魚のジギングのやり方」や「効果的なアクション」、「釣れるルアー」なども解説していきます。

⇒太刀魚を効果的に釣る方法!釣れる場所&時期

 

太刀魚ジギングとは?

太刀魚ジギングとは、太刀魚をメタルジグやジグヘッドを使って釣る方法の事で、色々な魚に有効な釣り方です。

特に水中を縦に泳ぐ太刀魚には、上から落ちてくる獲物に対しては、敏感に反応します。

その為、フォール主体で誘うジギングは、太刀魚に非常に効果的な釣り方です。

 

太刀魚はワインド釣法が効果的!

出典:釣り情報 週刊つり太郎WEB

ワインド釣法とはジグヘッドとワームを使用し、竿を上下にシャクる事によってルアーを左右にダートさせる釣りです。

ダートさせることによって魚の捕食本能を刺激し、強制的に捕食スイッチを入れリアクションバイトで釣っていきます。

先程も説明しましたが、太刀魚は上から落ちてくるものに対して、敏感反応するので、とても効果的です!

具体的なやり方は、キャストしたあと、そこまで沈ませてから、表層付近までシャクリ上げます。

そのあと、フォールさせて底より若干上まで落とします。

そこから再度、表層までシャクリ上げ、またフォールさせるという流れです。

タチウオのタナは変動するので「タチウオがどのタナにいるのか?」を意識しながら釣りをすることがポイントです。

ここでのコツは、フォールで落とす際はカウントをしておき、落とすタナを少しずつ上げていくという事です。

そうすることで、全ての層を探ることができるようになるので、非常に効果的です。

 

 

太刀魚ジギングのロッド選び方 

ワインドで釣るなら、なるべくティップ(穂先)の柔らかい竿を選ぶのが良いでしょう。

捕食が下手な太刀魚を釣る場合は、穂先が硬いとアタリを弾いてしまう事があります。

穂先が柔らかいものはアタリの勢いを穂先が吸収してくれるのでオートマティックにフッキングしてくれます。

長さは、堤防などで扱いやすい8フィートくらいがおすすめです。 

 

ダイワのエギングロッドとして有名なエメラルダスシリーズですが、太刀魚にも最適なモデルです。

ジギングやワインドはシャクリ上げる釣り方の為、ロッドが軽量であれば非常にアドバンテージになります。

このエメラルダスAIR AGSシリーズでは、 元々軽量なAIRシリーズをさらにリファインし、とことんまで軽量化を図ったシリーズです。

もちろんただ軽いだけでなく安心の強度設計。

ブランクは軽量・高強度を誇るHVFナノプラスをメインマテリアルとし、ネジレ防止のX45で補強したことで、

シャキッとしたキャストフィールを持ちながら、しゃくった時はルアーを暴れさせないよう適度な遊びを持たせたブランクに設計になっています。

感度面においては軽量・高剛性・トラブルレスの『AGS』を搭載し、『AGS』の高剛性は感度アップに大きく貢献します。

またグリップは手感度を高めるエアセンサーグリップを採用し更に軽量化と操作性が向上しています。

今回紹介する83Mのモデルであれば、ほとんどのシュチュエーションをカバーし、不意な大物でも安心できるオールシーズンモデルです。

詳細をチェック

 

太刀魚ジギングのリール選び方 

リールはPEライン1~1.5号が150~200m以上巻ける2000~3000番台のリールがおすすめです。

素早く糸ふけの回収ができるHG(ハイギア)モデルが最適です。

基本的には港湾シーバスなどで使っているものと同じで問題ありません。

シマノ(SHIMANO)
19 ストラディック 2500SHG 

ダイワ(DAIWA)
セルテート LT2500-H 2019モデル

太刀魚釣りのライン選び方 

ジギングやワインドで釣りをするなら、伸縮しないPEラインが適しています。

ナイロンやフロロラインは何度もシャクルことでラインが伸びてしまい、クセが付いてしまいます。

そのままにしてしまうと、ライントラブルを誘発することになります。

また、PEを使うことで、ラインを細く出来るので飛距離がでます。

回遊魚などを狙う場合には飛距離はとても重要なポイントとなります。

 

また使用するPEラインは0.8号から1.5号程度がおすすめです。

リーダーは、メインラインの強度に合わせて4号16B前後のリーダーを使用しましょう。

リーダーの長さは60cm程度あれば良いでしょう。

 

太刀魚におすすめなルアー

ワインドで釣るなら、ルアーは専用のジグヘッドとワームを使うのが良いです。

ワインド釣法に使用するジグヘッドは、シャクれば左右に大きく触れるように設計されています。

ジグヘッドの重さは1/2~3/4オンスが太刀魚には最適です。

また専用のワームをセットすることで、設計された動きが再現できるので、特にこだわりが無ければ、同一メーカーを購入するのが良いと思います。

カラーはグローやピンクなど、夜間でも視認性が高く、発光するようなモデルがおススメです

 

メタルジグを使う場合には、フォールで不規則にダートするものが効果的です。

太刀魚は捕食が得意ではないので、スローに落ちていくタイプが良いでしょう。

アタリはあるけど、なかなかバイトしない場合はスリムタイプのものを使いうと良いでしょう。

アシストフックはフロントに2本付けると良いでしょう。

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り

 

ピックアップ記事

  1. 千葉外房でショアからマダイが釣れる漁港&堤防ポイント特集
  2. <千葉県の磯釣りポイント>魚種ごとに厳選釣り場を紹介
  3. 大原海水浴場でヒラメ攻略!ポイント徹底解説( 大原海水浴場・和泉浦海岸・日在海岸…
  4. 秋に釣れるオススメな魚と釣り方を紹介!堤防や磯で釣れる魚特集
  5. <富津~金谷釣りポイントマップ>釣り場のポイント/釣れる魚/釣れる時期を解説

関連記事

  1. ショアジギング

    ハマチ・イナダをショアから釣ろう!!釣り方やコツを徹底解説!

    鰤ハマチ(イナダ)をショアから釣ろう!釣り方やコツを徹底解説!…

  2. ショアジギング

    【シイラ釣り方入門】ショアから釣るシイラゲームを徹底解説!

    シイラは陸から、そして船からとさまざまなフィールドで狙える人気の魚です…

  3. ショアジギング

    水面爆発!千葉の外房釣行でナブラ発見!?釣れたのはまさかの・・・

    2020年10月 千葉県外房某所・・・この日は秋のショアマサを狙っ…

  4. ショアジギング

    サバをルアーで釣ってみよう! オススメのタックルや釣り方をカンタン解説

    サバは釣りをしない人でもその存在を知っているほどメジャーな魚です。…

  5. ショアジギング

    【ショアブリを狙おう!】ブリの釣り方を徹底解説!釣れるコツやルアーやタックルを紹介

    「ブリを釣ってみたいけど船で行くのはちょっと・・・」そんな風に…

  6. ショアジギング

    すぐに釣れる!フクラギ/ヤズ/イナダの釣り方やコツを徹底解説

    <初心者でも釣れる!>フクラギ/ヤズ/イナダの釣り方やコツを徹底解…

人気のレシピ

人気の魚攻略

釣りポイント

PAGE TOP