カテゴリー

ロッドマニアが選ぶ!使って良かったオススメなショアジギングロッド

ロッドマニアが選ぶ!
使って良かったオススメなショアジギングロッド

出典:DAIWA

皆さんこんにちは!

今回は青物ゲームで使うショアジギングロッドやショアキャスティングロッドを、自身が使用したロッドの中からオススメを紹介していきたいと思います。

 

自分は過去、ロッドに相当な金額を使ってきたロッドマニアです。

高級ロッドでスペック的には良くても、実際に使ったら、「使いにくい」ってロッドも沢山ありました。

なので、良くも悪くも自分に近いような環境や体形の人なら実際の使用感などはロッドを選ぶ際に参考になるかと思います。

ちなみはフィールドは10㎏以上のヒラマサがショアから釣れるフィールドでメインは5㎏程度の青物です。

自分は、体力も筋力もあまりない方です。

 

ロッドは、対象魚によってパワーランクが違うと思いますので、「小型青物」、「中型青物」、「大型青物」の3つに分けておススメのロッドを紹介します。

ここでいう小型は3キロまでの青物、中型は5㎏~10㎏までの青物、大型は10㎏オーバーのブリやヒラマサなどが対象です。

 

小型青物にオススメな
ショアジキロッド❶

SHIMANO
ディアルーナ(MHクラス)

 

小型青物ならば硬めのシーバスロッドが疲労面を考えてもおススメです。

ディアルーナはショアキャスティングロッドというカテゴリーなので幅広くターゲットのラインナップがあります。

特にこのディアルーナは実売2万円前後と手ごろかつ、めちゃくちゃ性能が高いロッドです。

自分が使っていたのは前作になりますので、更に性能が上がり、軽量化されています。

 

上のクラスにルナミスがありますが、個人的にはディアルーナの方が、ティップが柔軟で粘りがあるので好きです。

固さはMHなら5㎏までの青物は問題なくキャッチできました。(堤防、サーフで)

 

また自分はサーフでの使用が多かったので10f台のものを選んでいます。

まずは、ライトに青物を狙ってみたいと思うならディアルーナは一押しです!

 

 

中型青物にオススメな
ショアジキロッド❶

SHIMANO 
コルトスナイパーXR(MHクラス)

 

楽天市場へ

こちらはシマノからコルトスナイパーをチョイス。

エクスチューンはモチロン素晴らしいですけど、価格が倍近くすることを考えると中級青物ならコレで十分です。

ショアジキロッドにありがちな重くて振り切れない的な事はなく、青物ロッドとしては軽量設計です。

キャストの飛距離も抜群に良く、ロッドの調子もバキバキでないので、フッキングもしやすい印象です。

5㎏級のヒラマサでも、ロッド自体にはまだ余裕があります。

10㎏級はこのロッドで掛けたことが無いのでわかりませんが、8㎏程度のブリはコントロール出来ました。

癖がなくバランスが良いので、ビギナーから上級者まで楽しめるロッドです。

 

大型青物にオススメな
ショアジキロッド❶

DAIKO TIDEMARK
ロッキショアパーガトリー

言わずと知れた名竿、ダイコータイドマーク ロッキショアパーガトリーが私が最もよかったロッドです。

国内製造ブランクスで当時の最先端の技術を生かして作られた軽い、強いを両立したロッドです。

ただ強いだけでなく、しっかり曲がって獲物をホールドしてくれるのでバレも少ないし、ロッドパワーがパンパないのでやり取りも非常に楽!

今も他社のフラグシップも使っていますが、これを上回る感動はありません。

とにかく品質にこだわったダイコーならではの作品ではないでしょうか?

今は生産性やコスト面でなかなかこういう竿には出会えないとは思います。

 

大型青物にオススメな
ショアジキロッド❷

ヤマブランクス 
ブルースナイパー100MH

ヤマガブランクスからブルースナイパーもめちゃくちゃ良いロッドです。

ブランクスも国内生産で最新のナノアロイテクノロジーを採用したことで更に強固になり、更に軽量になっています。

今回はMHモデルを選んでいますが、MHでも他のメーカーより固めなので丁度良い感じです。

このロッドもしっかり曲がりこんでくれるのでバラシは少ないです。

当然ながら、バットパワーもスゴイですし、ロッドの反発で魚を浮かせてくれます。

キャストフィールも良くよく飛びます。

メインターゲットは5㎏以上の青物ですが、10㎏の青物でもコントロール出来ます。

重い剛竿は疲れるけど、強いロッドがほしいならコレが一番おススメです!

 

ショアブリを狙おう!釣り方を徹底解説!

青物がめちゃ釣れるルアー紹介はコチラ

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り