カテゴリー

初心者の為のライトショアジギング講座【準備編】

【準備編】初心者の為の
ライトショアジギング講座


出典:アジング一年生re

ショアから青物を狙うショアジギング。

ショアジギングと聞くとハードな釣りを想像する方もいるかと思います。

しかし、サーフや堤防からライトに大物を狙える

「ライトショアジギング」というものがあります。

 

「青物釣りたいけど、ハードな釣りはしたくない」
って方に非常におススメな釣りです。

 

今回は「ライトショアジギング」初心者の為に、
ライトショアジギングの基本やタックル、更には上達する方法などを紹介していきます。

 

最後まで見て貰えれば、ライトショアジギングがまるっと理解できるようになっています。

 

ライトショアジギング
1.どんな釣り?


出典:TSURIHACK

ライトショアジギングは、堤防や漁港、サーフなどから小~中型青物を狙う比較的ライトな青物ゲームの事を言います。

 

主な対象魚は、ブリ(ワカシ~ワラサ)、カンパチ、サワラ、太刀魚などの1~5キロ前後の青物がターゲットです。

 

更にライトなタックルで、小型青物を狙う「ウトラライトショアジギング」などもあります。

 

ライトショアジギング
2.どんなルアーを使う?

主に使用するのは、20~50g前後のメタルジグです。

青物は沖合を回遊するので、飛距離が出るメタルジグが多く使われています。

ジグのウェイトは、フィールドの水深で選ぶのが一般的で、水深が10m以下の比較的浅い場所なら20~40g、20m程度なら30~50gが目安です。

30m以上あるならもっと上のウェイトを使いますが、そこまで水深のある場所だとライトショアとは言えないので、基本的には水深20m以下のフィールドでやることになるかと思います。

また水深が浅くても、飛距離が欲しい場合には、重いジグを使う場合もあります。

また、ミノーやペンシルで青物をプラグで狙う青物プラッキングというジャンルもありますが、ほとんどはショアジギングと混同されています。

 

ライトショアジギング
3.どんなタックルを使う?

一般的にライトショアジギングで使うタックルは、9~11フィート前後ショアジギングロッドシーバスロッドなどを使います。

ロッドには固さの表記がありますが「ショアジギングロッドのML~H」「シーバスロッドのMH以上」が目安です。

ちなみに専門のショアジギングロッドとシーバスロッドでは、固さの表記が同じでもパワーや強度は全く違うものになっているので注意が必要です。

イメージ的にはシーバスロッドのワンランク強いロッドがショアジギングロッドのイメージです。

ショアジギングで使えるロッドはメタルジグの40~50gを投げられるスペックのものを選ぶと良いでしょう。

 

リールはロッドに合わせるのが基本ですが、
4000番~6000番くらいまでがライトショアジギングの範囲内でしょう。

(シマノ4000~6000、ダイワLT4000~6000旧表記3000~4000)

ショアジギングタックルの選び方やオススメは別記事にまとめてありますのでこちらを参考にして下さい。

ショアジギングタックルの選び方やおすすめタックルを紹介

 

ライトショアジギング
4.必要な道具は?

主にルアーフィッシングで使う道具では以下のものがあると便利です。

優先順位の高いと思われるものから記載しています。

初めから全て揃えるのは難しいかと思いますので、すこしずづ揃えていきましょう。

①タックル

タックルはロッド、リールの他に、PEラインとリーダーを結びます。
リーダーにスプリットリングを結び、リングにルアーを取り付けます。
リングの他に、簡単にルアーを脱着できるスナップなどもありますが、青物ゲームの場合はスナップが伸ばされてしまう場合があるので、リングを使うのが一般的です。

 

②ライフジャケット


安全の為、ライフジャケットの着用をしましょう。
拡張式のライフジャケットなどは、腰や肩にかけるタイプのものがコンパクトでおススメです。
磯やサーフで釣りをする場合は、ベストタイプのものを選択すると良いでしょう。

 

③プライヤー


出典:TSURIHACK

プライヤーはルアーフィッシング専用のものを選ぶと安心です。
先端の突起は、リングでルアーやフックを脱着する際に仕えるようになっていて、中央のくぼみは魚を釣った際に、魚から針を抜くときに便利です。
また、一番根本はカッターになっていて、普通のハサミでは切りにくいPEラインをカンタンにカットできるようになっています。

 

④タモ


出典:TSURIHACK

高い堤防などで釣りをする場合、タモはあった方が便利です。
特にショアジギングでは大物が掛かる場合もありますので、無理して抜き上げようとするとロッドが破損してしまう可能性があります。
伸縮性ポール(ランディングポール)に玉網(ランディングネット)が装着できるものの方が後々、ネットを交換出来たりするので便利です。

 

⑤グローブ

グローブがあることで転倒や魚を触った際に手を保護してくれます。
また、PEラインを使ったルアーフィッシングでは、ラインを結ぶ(ノット)際に両手でラインを引っ張り締め上げなくてはなりません。
その際に素手だと痛くてキツく締め込む事が出来ません。

また、根掛かりの際にラインを手に巻き付けて引っ張り上げる時も非常に重宝します。

 

⑥フィッシュグリップ

フィッシュグリップも必需品の1つです。
特に青物を狙うショアジギングの場合は大型の魚や歯が鋭い魚が掛かる事があります。
針を取る際や、キャッチした時に魚は暴れるので素手で扱うのは危険です。
下顎にフィッシュグリップを挟んで持ち上げれば、安全にキャッチすることが出来ます。

 

⑦フィッシングバック


出典:360life

ルアーフィッシングの場合、ルアーを入れるルアーボックスやライン、小物入れなどを持ち歩かなければいけません。
その為、サイドバックやウエストバックはとても便利です。
また、フィッシング専用のものは、プライヤーやグリップを固定できる機能があったり、大きなルアーボックスを入れられるように幅広に作れれています。
更に防水や撥水性に優れたものもあるのでルアーフィッシングには欠かせないアイテムです。

 

⑧キャップ


出典:イシグロ

釣りやアウトドアにおいてキャップも欠かせません。
主な目的は頭部の保護で、自分に向かってルアーが飛んでくる場合もあるかもしれませんし、近くで釣りをしている人の針が頭に刺さる可能性もあります。
何も被っていない状態と帽子をかぶっているのでは全く違います。
また、夏などは直射日光を防ぐこともでき、冬場はニットなどをかぶれば防寒対策にも効果的です。

 

⑨偏光サングラス

偏光グラスを付けることで水の中の様子がしっかりと見えたり、潮の流れがよくわかるようになります。
また、帽子などと同じで、目を保護してくれる効果もあるので、こちらも用意した方が良いでしょう。
万が一、目に向かって針が飛んで来たら恐ろしいですよね・・・

 

⑩ストリンガー

ストリンガーもルアーフィッシングには便利なアイテムです。
ショアジギングは、餌釣りのように一か所で座りながらアタリを待つ釣り方と違って、移動しながら釣っていくスタイルが基本です。
なので、大きなクーラーボックスなどは邪魔になる可能性があります。
しかし、ストリンガーを用意しておけば移動するまでの間、魚を活かして置いたり、〆て血抜きをすることも出来ます。

 

⑪クーラーボックス

魚を持って帰りたいなら、クーラーボックスも用意しておくと良いでしょう。
大型の青物を入れる場合は60リットル以上のものがおススメです。
またキャスターや排水が出来るタイプのものだと非常に便利です。

⑫シューズ

フィッシング用のシューズも安全面を考えて用意しておくと良いでしょう。
特に磯場やテトラ帯、濡れた堤防などで釣りをする場合、最悪落水する可能性もあります。
磯ならスパイクの付いたシューズ、テトラや堤防なら濡れていても滑らないグリップ力の高い靴を選びましょう。

 

⑬フィッシングウェア

ショアジギングは外海での釣りになるので、風や水に強いフィッシングウェアがあると快適です。
寒いくて、風の強い日は、いつも着ている服では釣りにならない事もあります。
釣り用のウェアは、保温性に優れ、防水性も高いので特に冬場の釣りに欠かせないアイテムです。
夏などの暑い時期は、ラッシュガードなどを着用すると快適に釣りをすることが出来ます。

 

⇒ライトショアジギング講座へ【入門編】

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り