カテゴリー

ライトショアジギングロッドとシーバスロッドの違いをカンタン解説

ショアジギングロッドVSシーバスロッド
【違いや特徴を分かりやすく解説】

これからショアから青物を狙って釣りをしたいと思っている方の中では、「シーバスロッドは使えないの?」、「ライトジギングロッドと何が違うの?」などの疑問はあるかと思います。

結論からお伝えすると、シーバスロッドでもショアジギングは出来ます。

しかし、あくまでも「可能」であって、ショアジギングには最適ではないというのが個人的な見解です。

もちろん、遠浅のサーフや足場の良い堤防、小型青物を狙うならシーバスロッドでも全く問題ありません。

しかし、これから本格的に中型以上の青物や重量のあるジグやプラグを扱うならショアジギングロッドを推奨します。

ショアジギングロッドと言っても、ヘビーなものからライトなものまであって、ショアジギングのライトなものと、強めのシーバスロッドは何が違うのか分からない方もいるかと思います。

この記事では、そんなライトショアジギングロッドとシーバスロッドでは何が違うのか、わかりやすく解説していきますので、ロッド選びの参考にしてみて下さいね。

 

ショアジギングロッドとシーバスロッドの違いとは?

❶グリップエンドの長さ


出典:MRU Weblog Zone.

基本的な違いとしてグリップエンドの長さがあります。

ショアジギングロッドはグリップエンドが長く、シーバスロッドは短くなっています。

グリップエンドが長いと脇に挟んで、ロッドアクションが出来る為、少ない力で疲労を軽減できます。

また、大型の魚が掛かった場合でもグリップを脇や腹部に固定してファイト出来るので、ロッドに力を込めやすい訳です。

 

逆にシーバスロッドのようにグリップが短いことで、軽量になったり、軽量ルアー操作性や取り回しが良くなるといった利点はありますが、ジグ操作や大型の魚でのファイトには向いていません。

 

❷ティップの強さ

シーバスロッドは基本的に、軽量のプラグやルアーを繊細に扱えるように設計されている為、ティップがショアジギングロッド柔らかく出来ています。

 

その為、重いジグを扱う時に、ティップが入り過ぎてしまいジグにアクションを付けるときに力が必要となります。

反対に、ショアジギングロッドでは、ティップも太めに出来ているので、少ない力でもロッドの反発力でジグを軽快に操作できるようになっています。

 

また、大型の魚とのやり取りの場合、ティップが大きく曲がるので高負荷が掛かります。

下手をするとロッドが破損する可能もあるのです。

 

ショアジギングロッドではライトなものでも、シーバスロッドより厚めのブランクスで出来ているので安心できます。

大型の魚が掛かった際も、ロッド全体が曲がりバットのパワーを活かせるようになっているのでやり取りが非常に楽になるのです。

 

❸ブランクスの厚み


出典:エバーグリーン

基本的にシーバスロッドとショアジギングロッドではブランクスに巻かれているカーボンシートの厚みが違います。

シーバスロッドは操作性や軽さを重視している為、ブランクスは薄く作られています。

片や、ショアジギングロッドは、強烈な青物のやり取りや重量のあるルアーを扱うことを想定して作られているので、自重は重くなりますが、ブランクスの厚さはシーバスロッドの比ではありません。

 

その為、カタログの表記がMHやHで一緒だったとしても、シーバスロッドとショアジギングロッドでは全くの別物という事になります。

最近のオフショアのロッドはシーバスロッドよりも細いものもありますが、カーボンシートの厚さが違うのと、最新の素材や技術によって細くても折れない、強いロッドが出来ています。

ジギングロッドの6フィートの竿と同じ6fのシーバスロッドでは全く重さが違う事からも明らかです。

 

ロッドマニアが選ぶ!使って良かったオススメなショアジギングロッド

青物がめちゃ釣れる最強ルアーを教えます!おすすめの青物ルアー紹介

 

まとめ

今回はショアジギングロッドとシーバスロッドの違いについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

これから本格的にショアジギングに取り組むならショアジギングロッドを推奨します。

あまり頻度が少ないなら、シーバスロッドというよりもショアキャスティングロッドのカテゴリーが良いと個人的には思います。

それぞれのフィッシングスタイルにあったロッドを選んで、これからも釣りを楽しんでください。

 

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り