カテゴリー

初心者の為のライトショアジギング講座【入門編】

【入門編】初心者の為の
ライトショアジギング講座

ショアから青物を狙うショアジギング。

ショアジギングと聞くとハードな釣りを想像する方もいるかと思います。

しかし、サーフや堤防からライトに大物を狙える

「ライトショアジギング」というものがあります。

 

「青物釣りたいけど、ハードな釣りはしたくない」
って方に非常におススメな釣りです。

 

今回は「ライトショアジギング」初心者の為に、
ライトショアジギングの基本やタックル、更には上達する方法などを紹介していきます。

 

最後まで見て貰えれば、ライトショアジギングがまるっと理解できるようになっています。

 

⇒【入門編】ライトショアジギング講座vol.1

 

ライトショアジギング
1.キャストの方法

ライトショアジギングなどの重たいジグやプラグをなげる場合は、振り子の要領でロッドに重心を掛けてロッドの反発力で投げる「ペンディアムキャスト」が多く使われます。

しかし、ペンディアムキャストは初心者にはタイミングが難しく、キャストタイミングが合わなければ飛距離が出ませんし、方向のコントロールが難しいキャストです。

なので、初めはジグを静止した状態でキャストする「オーバーヘッドキャスト」をオススメします。

ロッドにジグの重さを乗せるコツがわかったらペンディアムキャストにもチャレンジしてみましょう。

ショアジギングのキャスト
1.オーバーヘッドキャスト


①後ろに振りかぶり、一度ルアーを静止させてしっかりとジグの重みをロッドに乗せる。


②ロッドにジグの重さを感じたまま、腰をひねりながら重心を移動させて投げます。
体全体でキャストが出来ると腕に負担がかかりません。
腕の方は、右手を押し出し、左手を胸元に引くようなイメージで振り抜きます。


45度程度の所で指をリールから離しキャストし、右腕をを伸ばした状態で時計の1~2時の角度で止める。
これがオーバーヘッドキャストです。

 

 

ショアジギングのキャスト
2.ペンディアムキャスト


①振り子の要領で、前方からルアーを後方にゆっくりと振る。


②しっかりとジグの重みがロッドに乗っかったタイミングで真っすぐ振り抜きます。
さっきのオーバーヘッドキャストと同様に体全体で、上手く重心を移動させながら投げると飛距離がアップします。


③こちらも45度程度の所で指をリールから離しキャストし、右腕をを伸ばした状態で時計の1~2時の角度で止めるのが理想です。

 

 

ライトショアジギング
2.ジグのアクションの付け方

メタルジグの誘い方は「ジャーク」と呼ばれるロッドアクションを付けるのが基本です。

「ジャーク」はリールを巻きながらロッドをあおるようにしてルアーをスライドさせるテクニックのことを言います。

メタルジグは基本的に鉄の塊ですので、アクションを付けてジグに命を吹き込んであげる必要があります。

 

ショアジギングで使う基本のジャークは、リールを1回転させるのと同時にロッドアクションを行う「ワンピッチジャーク」が基本です。

他にも「2ピッチジャーク」や「ハイピッチジャーク」などや、ワンピッチとこれらを組み合わせた「変則ジャーク」などがあります。

しかし、あなたが初心者ならば、まずは「ワンピッチジャーク」をマスターしてください。

ワンピッチだけでも魚は問題なく釣れますし、めちゃくちゃ効果的な誘い方です。

基本のワンピッチのコツをしっかりと覚えていくと良いでしょう。

ワンピッチやそのほかの誘い方は、下記で紹介している動画がわかりやすいので参考にしてみて下さい

 

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り