カテゴリー

太刀魚オフショアジギング入門!おすすめのタックルから釣るコツまで徹底的にご紹介!

太刀魚オフショアジギング入門!
釣り方からおすすめタックルまでを紹介!

太刀魚ジギング。それはオフショアジギングの中でも手軽に楽しめる非常におすすめの釣りです。

そのため「初めてオフショアで釣りをする」という初心者や「青物を釣る前に練習をしておきたい」という方にこそおすすめしたいです。

といっても「一体どうやって釣ればいいの?

「ていうかどんなタックルがいいんだ?」そんな風にお悩みの方も多いと思います。

そこで本記事では初心者でもわかりやすいようにおすすめのタックルから釣るコツ、誘い方までと太刀魚ジギングの基本的な情報をご紹介しています。

この記事を最後までご覧いただければ、太刀魚ジギングの基礎をすべてわかるようにご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

⇒ショアから狙う太刀魚攻略はコチラ

 

 

ジギングって何?

 

ジギングとはルアーの一種であるジグを底まで落とし、誘いをかけることによって魚を釣る釣法です。

基本的にジギングでは青物を狙うのが主流ではありますが、実は食性の高い太刀魚を釣るのにも非常に相性のいい釣法なのです。

また、陸から太刀魚を狙うショア(陸)ジギングもありますが、今回は船に乗り沖から狙うオフショアジギングでの釣り方をご紹介します。

というのも、陸から狙うショアジギングよりもオフショアジギングで釣る太刀魚のほうがサイズが大きい傾向にあるからです。

大きい太刀魚は食べ応えがあり味も濃縮されていて非常に美味なのでおすすめですよ!

 

 

太刀魚ってどんな魚?

 

太刀魚はスズキ目サバ亜目太刀魚科に属する回遊魚です。

世界中の熱帯から温帯の地域にかけて生息しており、日本では北海道から沖縄までと広く分布しています。

そんな太刀魚は基本的に沿岸域に生息していますが、たまに河口などの汽水域にまで入り込んでくることもあります。

 

平均サイズは85㎝ほどですが、最大まで成長すると230㎝前後にまでになります。

食性は幼魚の時と成魚の時で異なり、幼魚の時は甲殻類などを主食としていますが、成魚になるとイカや小魚などを食べるようになります。

また、実は太刀魚は食性だけでなく行動パターンも成魚と幼魚で異なります。

 

夜間、成魚は深いタナで身を潜めていて、日中になると餌を求めて表面まで上がってきます。

ですが、幼魚は真逆で日中は底の方で隠れていて、夜間になると表面まで移動します。

 

 

太刀魚はどの時期が釣れやすい?

 

太刀魚は『ベイトが多くいるとき』と『太刀魚の活性が高い』時が一番釣れやすいです。

ですが、上記で紹介したように太刀魚は温かい気温を好むので、冬の時期は自然と釣れにくくなってしまいます。

なので、これらの点を考慮すると、太刀魚が一番釣れやすい時期は9~11月の秋の時期です。

 

海水温もさほど冷たくなく、かつ栄養が豊富な時期なのでベイトとなる小魚も活発に動けます。

また、どちらかというとこちらが釣れやすい主な理由なのですが、太刀魚は6~10月にかけて産卵を行います。

なので、産卵で消費した体力を回復するために9~11月にかけては太刀魚の活性が高まります。

 

ベイトが豊富にいて、さらに産卵の影響で活性も高まる。

かつ水温も適温。これらの理由から9~11月は非常に釣れやすいです。

自分が過去にこの時期に釣りに行ったときは10分くらいで3匹も太刀魚が釣れましたよ!

 

 

太刀魚ってどんな日が釣れやすい?

 

太刀魚が釣れやすい日は主に2つです。

それは大潮と波気がある日です。

これにはしっかりとした理由があります。

 

まず、大潮の日が釣れやすい理由。

それは『大潮の日は波の動きが活発になり、多くの潮目を生み出す』というのが主な理由です。

潮目にはプランクトンを初めとしたさまざまな生物が集まるので、フィッシュイーターである太刀魚はそこに集まっている傾向にあるのです。

 

そして次に波気がある日に釣れやすい理由。

それは強波がベイトを拡散し、太刀魚がベイトを捕食しやすくなるというのが主な理由です。

さらに波が荒い日は仕掛けを見切られにくくなるというのも大きなポイントですね。

 

 

タチウオにおすすめのタックル


出典:TSURIHACK

 

 

タチウオのロッド選び方

 

もしかするとロッドはシマノやダイワから発売されている太刀魚ジギング専用のものを使うのをおすすめします。

一応シーバスロッドでも代用は可能ですが、やはり専用に作られているものなので段違いに釣りやすいです。

長さは2m程度のものにしましょう。

 

何度もキャストすることになるので長すぎると重すぎて非常に疲れます。

また、太刀魚は非常に餌を飲み込むのがへたくそな魚ですので穂先の柔らかい7:3の竿調子のロッドを選ぶのが上手く釣りあげるコツです。

 

しっかりと合わせを取ることができます。また、硬さはMのものがおすすめです。

LやMLだと大物が来た時にまずいことにありますし、かといってHだと簡単に釣りあげられてしまうので釣った感が全く味わえません。

 

せっかく釣りに来たのにそんなのは嫌ですよね。

これらの理由から、太刀魚をオフショアで釣りに行くなら長さは2m前後、硬さはMで竿調子は7:3のものを選ぶのをおすすめします。

 

 

タチウオのリール選び方

 

リールは100~200番の小型ベイトリールを使うことをおすすめします。

というのも、ベイトリールだとフォール中でもアタリを取りやすいからです。

 

一度オフショアで太刀魚を狙った方ならわかると思うのですが、フォール中にアタリが有るのは太刀魚釣りではそう珍しくないのです。

そのためフォールでもしっかりとアタリが取れるというのは太刀魚釣りでは非常に便利です。

 

また、何度もキャストすることになるので手返しの良いハイギアモデルをおすすめします。

パワーもあるので一気に太刀魚を寄せれるのも船釣りでは魅力的ですよね。

また選ぶ際にはPEの1号を200mほど巻けるかどうかという点にも注意して選ぶようにしましょう。

 

 

タチウオに最適なライン

 

ラインはPEラインの1号をおすすめします。

PEはナイロンと比べてアクションの伝達度がいいのでジグを思うように操作することができます。

さらにラインの感度もいいのでアタリを察知しやすいという特徴があります。

太刀魚は意外とアタリが分かりにくい魚ですのでこの点は非常に便利に働きます。

 

また、太刀魚は非常に鋭い歯を持っており、少し擦れただけでも簡単にラインを切ってしまいます。

なので、リーダーを使うのは必須です。おすすめのリーダーはフロロカーボン性の20ldのラインです。

 

フロロカーボン製は擦れに強いので太刀魚釣りとは非常に相性がいいです。

また、ライントラブルに備えて2~3ヒロほどラインを取るのをおすすめします。

 

 

タチウオに最適なフック

 

太刀魚専用のトリプルフックを使うのをおすすめします。

専用のフックは大抵バーブレスフックで貫通力が優れているため硬質な口元の太刀魚でもしっかりと貫くことができます。

更にアシストフックを付けるとフッキングが良くなります。

 

 

どんなジグが簡単に釣れる?

 

ジグはセンターバランスとリアバランスの2種類のメタルジグを使うことをおすすめします。

というのも、太刀魚は中層から底の方にいることが多いのでこの2つのタナで誘いをかけることが釣果を上げるコツになるからです。

そのため、底付近を狙って誘いたい場合は早めに着底させることのできるリアバランスを使い、中層を狙いたい場合はフォール中にアピールをすることのできるセンターバランスのジグを使うのをおすすめします。

 

また、ジグは120g程度のものだと対応力が高いですが、釣る場所の潮の流れ、水深によって最適なジグはかわってしまうので事前に釣り場に連絡しておすすめのジグの重さを聞いておくのが一番確実ですね。

 

 

初心者でも釣れやすいカラーは?

 

初めてルアーを使う方は、そのカラーの豊富さに一体どのカラーを選べばいいのかわからなくなってしまうと思います。

ですが、太刀魚は大体釣れるカラーが決まっているのでそう心配する必要はありませんよ。具体的に釣れやすいカラーは

 

  1. ピンク
  2. パープル
  3. 赤金
  4. シルバー
  5. グロー系

の5つです。

 

ピンクやパープルは色が派手で魚も気づきやすいので潮が住んでいる日に使うことをおすすめします。

とはいってもどんな状況でも使える対応力の高いからですのでもし釣り場に着いたらこのカラーのルアーをキャストすることをおすすめします。

 

対して赤金のカラーは濁りが入っていたりしてあまり海の状態がよくないときにこそ真価を発揮します。

一つは持っていくことをおすすめするカラーです。

 

そしてシルバー。

このカラーは太刀魚が普段食べているベイトと同じカラーなので、太刀魚はこのカラーを好み、さらに違和感なく太刀魚を食わせることができます。

 

次にグロー系のカラー。

このカラーが一番釣れやすいです。

グロー系とは蛍光塗料を塗ったジグで、光に反応しやすい太刀魚とは非常に相性がいいです。

 

また、太刀魚は非常に歯が鋭い魚なので切られても釣りをできるように余分に用意しておくことをおすすめします。

 

 

太刀魚の基本的な誘い方

 

太刀魚は青物のように激しく誘いをかける必要はありません。

ジギングの基本でもあるワンピッチジャークで十分連れてくれます。

 

ワンピッチジャークとはロッドを一回しゃくる度にリールを巻くだけの簡単な誘い方です。

太刀魚釣りではこれを繰り返すだけで釣れてくれます。

ですが、一番初めにジグを着底させてから誘うように気を付けましょう。

 

おそらく船長が狙うタナを教えてくれると思いますが、基本的に太刀魚は中層から底に潜んでいる傾向にあります。

また、うまく釣るコツとしてしゃくってからリールを巻くまでの間に少し間をおいてみるのをおすすめします。

そうすることで食わせの間が一つ増え、非常に釣れやすくなります。

 

 

太刀魚オフショアジギングのコツ①
追いアワセをする

 

太刀魚は非常に獰猛な魚ですが、同時に捕食するのが下手な魚です。

さらに口元も硬質なのでちゃんとアワセができた!

と思っていても意外とできていなかった、ということも珍しくないのです。

 

なので太刀魚をしっかりと釣り上げるために2~3回ほどおいアワセをすることをおすすめします。

そうすることでバラシてしまうことがほとんどなくなります。また、釣り上げた後には必ずフィッシュグリップを使いましょう。

 

太刀魚は非常に歯が鋭いのでかすっただけでもかなり出血して痛い思いをします。

なので、安全に締めるためにフィッシュグリップでしっかりとつかんでから首を折るようにしましょう。

 

 

太刀魚オフショアジギングのコツ②
アタリが有ってもしゃくり続ける

 

これは太刀魚を釣る上で非常に重要なコツです。

というのも、太刀魚は基本的に向こうアワセが一番釣れやすいからです。

なので、アタリが有ったからと言って手を止めたり急にアワセをしてしまうのは厳禁です。

 

とはいってもアタリが有ってもびっくりして竿を上げるなと言っても難しいですよね。

なので、初めから何があっても誘い続けることを意識しておきましょう。

そう意識しておけば手を止めたり慌ててアワセをすることもあまりありませんよね。

そして、引き込まれるようなアタリが有った時に追いアワセをして、それから竿を上げるようにしましょう。

 

 

太刀魚オフショアジギングのコツ③
ゆっくり目でアクションさせる

 

「何度も太刀魚をオフショアジギングで狙ってるけど、全然釣れてくれない・・・」

そんな方はルアーを早めで動かしていませんか?実は太刀魚はあの細長い体に見合わず、あまり泳ぎは速くないのです。

そのため、早いルアーの動きにはついていけず、途中であきらめてしまうことも多いのです。

なので、できるだけゆっくり目にアクションをさせるのが上手いこと太刀魚を釣るコツです。

また、そうはいってもラインはあまり緩めないようにしましょう。そうしてしまうとその鋭い歯で切られてしまうことにもなります。

 

太刀魚をジギングで釣りに行こう!

今回は太刀魚をオフショアジギングで釣る方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

太刀魚はオフショアの中でも非常に釣りやすい魚ですので、「一度オフショアから釣りをしてみたいけどちゃんと釣れるか不安・・・」

と二の足を踏んでいる方には非常におすすめのターゲットですよ。

また、一度釣れたら数釣りができることも珍しくないので、初心者には特におすすめです。

とはいえ、太刀魚は非常に歯が鋭いのでくれぐれも釣り上げた後は慎重になってくださいね。

船の上ではほかの人も逃げ場もないのでいつも以上に真剣に取り込むようにしましょう。

 

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り