カテゴリー

【初心者必見】根魚ワーム釣りを簡単解説!おすすめのタックルから釣れる魚種&釣り方を紹介

【初心者必見】根魚ワーム釣りを簡単解説
おすすめのタックルから釣れる魚種&釣り方を徹底解説

根魚とは?

根魚とは岩礁や海藻の隙間、瀬などの海底に住み着いている魚のことです。

基本的に遠くに移動することがなく、生息範囲が非常に狭い魚として有名です。

そのため根つき魚やロックフィッシュと呼ばれることもあります。

 

白身で淡白なため味も美味しいため釣り人にとっても非常に人気の魚でもあります。

ですが、根魚釣りは基本的にボトムを狙って釣る魚ですので、根掛かりが多発してしまいます。

 

そのためどちらかと言えば中~上級者向けの釣りになります。

とはいっても、しっかりとコツを知り内容を理解すれば初心者でも連れてくれるのは非常に魅力的な点ですね。

 

根魚が釣れるポイント

根魚が釣れるポイント①
漁港

漁港は根魚が釣れる代表的なポイントです。

足場がよく快適に釣りができるので初心者の方はこちらを初めに訪れるのをおすすめします。

 

特に沖側に面している漁港は潮通しがいいのでおすすめです!

また、メリットと言えば外海が荒れていても波が穏やかだという点ですね。

 

そのため安全に釣りをすることができます。釣れる場所ですが、特に常夜灯の周りやカケアガリなどで釣れる傾向にあります。

 

しかし、漁港はあくまでも漁師の方の仕事場ですのでくれぐれもごみを放置するなどのマナーを破る行為はやめましょう。

また、漁船やロープに気を付けて釣りをすることも必要ですよ。

 

根魚が釣れるポイント②
消波ブロック

おそらく多くの方が根魚釣りと言えば消波ブロックで釣りをしている姿をイメージするのではないでしょうか?

そう、根魚を釣るとなれば消波ブロックは絶対に外せないポイントです。

 

というのも、消波ブロックは一番根魚が釣れやすいポイントと言っても過言ではないからです。

釣れる理由としては、このポイントは根魚の餌となる甲殻類が多く存在しているからです。

 

また、根魚は一般的に昼間は警戒していて夜釣りがメインになるのですが、消波ブロックは底が暗いということもあり昼間でも十分釣れてくれます。

また、仕掛けを投入する際は、できれば深くて穴が広いポイントに仕掛けを投入するようにしましょう。そのポイントが一番アタリの出やすい場所です。

 

根魚が釣れるポイント③
磯場や岩礁帯

磯は地形が複雑になっておりベイトが豊富なため、根魚以外の魚も多く生息します。

そのため根魚だけが釣れやすいという訳ではないのですが、クエなどの大物の根魚を狙いに行く場合はこちらのポイントで釣りをするのが基本になりますので、一応ご紹介します。

 

磯はほかのポイントと違い、釣り人があまりいないためスれていない魚が多いというのが最大の魅力です。

狙うポイントとしては海藻などが生い茂っているポイントや潮目、あるいは地形が複雑なポイントです。

 

とはいっても磯場はその地形ゆえに根掛かりが多発するポイントでもあります。

そのため初心者には少し難しい釣り場になります。

 

もし行く場合は使うハリスをフロロカーボン性にしたりと根掛かりに対策してから釣りをすることをおすすめします。

また、足場が不安定ということもあるので、専用の靴を履いたりと安全に注意して釣りをすることは必須です。

 

 根魚を釣る有効な誘い方

根魚が釣れる誘い方は釣り場によって変わります。

例えば消波ブロックだと穴釣りがメインになるのでフリーフォールが使いやすいですが、磯場だとストップ・ゴーが一番釣れやすいです。

 

対して漁港は根掛かりも起きにくくタイトな攻めができるので、トゥイッチやタダ巻きを繰り返すのが一番釣れてくれます。

また、根魚はその名前が示すように根にいることが多いので基本的にボトムを狙っていく形になります。

なので、釣り上げる際は潜られたり暴れられたりしてラインが傷む前に一気に釣り上げるようにしましょう。

 

根魚を釣るコツ①
上から順に探っていく

根魚を釣る1つ目のコツは上から順に探っていくということです。

確かに根魚はボトムの方にいることが多いのですが、空腹状態で活性の高いときは水面付近まで上がっていることも多いのです。

なので、20~30㎝付近の水面近くで一度誘うようにしましょう。

 

誘い方もそう難しいものでなく、竿先を小さく3回動かすだけでいいです。

それだけで釣れてくれます。

また、釣果を増やすコツとしてはその誘いの間に2~3秒待って食わせの間を入れることです。

そして、そこで反応がなかったら徐々に下の方にワームを沈めていくようにすると効率よく探ることができます。

 

根魚を釣るコツ②
竿先を海に向ける

根魚を釣る2つ目のコツは竿先を海に向けることです。

絶対に竿先を下に向けないようにしましょう。

 

根魚は掛かったらすぐに根に潜ろうとするので、もし竿先を下に向けてしまうと抵抗できずにそのまま根に潜られる原因になります。

しかし、海に竿先を向けておくと根に潜られづらく、そのまま根から引きはがして釣り上げることができます。

 

とはいっても、一気にごり巻きしてしまうとバレる原因になるので一呼吸おいてからアワセを入れて、そのあとに釣り上げるようにしましょう。

また、その際に竿先を海に向けておくと、アワセを入れた際に沖側に引っ張り出せるので釣りやすいです。

 

根魚を釣るコツ③
穴釣りをしてみる

根魚を釣る3つ目のコツは穴釣りをしてみるということです。

この釣り方ではクエなどの大物は釣れませんが、カサゴやアイナメ、メバルなどを集中的に狙うことができます。

 

狙うポイントとしては消波ブロックやその先端になります。

しかし、フグやゴンズイなどの餌取りが多いのはデメリットですのでその点は注意しましょう。

 

穴釣りの場合も誘い方は上記と同じく、上から徐々に誘っていくのがコツになります。

また、必ずテトラの奥までワームを落とし込むようにしましょう。

そうしないと途端に食いが悪くなってしまいます。

 

また、穴釣りの際は仕掛けを落として30秒立って釣れなければ、すぐに次の穴にいくようにしましょう。

とにかく手数を増やすのが根魚を釣る最大のコツです。

 

 

根魚におすすめのタックル

根魚におすすめなロッド

ロッドは根魚専用ロッドの7~9フィートのものを使いましょう。

短すぎると遠投できませんし、長すぎると足元を狙うのに苦労します。

それらの点を考慮するとこの長さが最適です。

 

また、根魚はアタリが有るとすぐに巣穴に潜り込もうとするという特徴があります。

そのため根から引きはがせるだけのパワーが必要になるのですが、この点も専用ロッドはカバーしてくれます。

その分専用ロッドはライトタックルよりも少し大型のロッドになるのですが、そのおかげで大型の根魚がやってきてもしっかりと釣り上げることができます。

 

特に磯などで釣りをする場合は専用ロッドを使うのをおすすめします。

ですが、防波堤や漁港で釣りをするのなら7フィート前後のライトタックルでも十分です。

釣りに行く場所によって使うロッドは変えましょう。

 

根魚におすすめのリール

リールもロッドと同じく釣る場所によって使う番台を変えるようにしましょう。

堤防や漁港から狙う場合は、クエなどの大型は基本的にいないので2500から3000番台の小型スピニングリールで十分釣ることができます。

 

対して磯などではアイナメやクエなどの大型が釣れることもあるので3000~4000番台のリールを使う必要があります。

 

根魚におすすめのライン

ラインは根ずれに強い6~8lbのフロロカーボン性のラインをおすすめします。

長さは50mほどあれば大丈夫です。

とはいってもフロロカーボン性は少しワームを扱いづらいのでそれが嫌だという方はナイロンラインを使うのをおすすめします。

 

対してPEラインは伸びが少なく引き上げるのは簡単ですが、その分根ずれに弱くライントラブルが多発します。

確かに釣れるには釣れるのですが、何度も仕掛けを直したりして時合を逃してしまうこともよくあるので、個人的にはあまりお勧めできません。

 

おすすめのワーム

根魚をルアーで狙うのならソフトルアーのワームが基本になります。

とはいってもワームのサイズもロッドやリールと同じく釣り場によって変える必要があります。

 

カサゴなどを堤防や漁港から狙うのなら2~3インチが主流ですのでそのサイズを使うようにしましょう。

一方クエやアイナメなどを狙う場合はHRFモンスターシャッドを使うのをおすすめします。

 

HRFモンスターシャッドはキジハタやオオモンハタなどからクエやアイナメなど、超大型のサイズまで対応した数少ないルアーです。

サイズは6インチと規格外のサイズでありますが、その分大型魚の捕食本能を存分に刺激し、がっつりと食わせることができます。

 

ワームカラーの選び方

ロックフィッシュを釣る際の定番の悩みと言えばこのワームカラーですよね。

実はロックフィッシュをうまく釣るために、釣れるワームカラーをチョイスするというのは非常に重要です。

 

ですが、残念なことにどんな状況にもマッチする定番のカラーというのは存在しません。

じゃあどうすればいいのか?と思うかもしれませんが、結論から言うと色々なカラーのものを持っていくことです。

しかし、状況に分けて使い分けるというのが重要になります。この使い分ける際に重要なのは、魚に違和感を与えないということです。

 

例えば、水が透き通っている状態の海だとクリア系のワームが一番違和感を与えづらいですし、逆に濁っている場合はグリーンやブラウンなどの地味目のものを使うと違和感を与えづらいです。

 

しかし、海水の色に合わせればいいのか?というとそういうわけではなく、その日の活性もカラーを変える要因になります。

 

例えば活性が高い日は派手なカラーにするとか、活性が低い日は地味目のカラーを使うとかしてカラーを使い分けると釣れやすくなりますよ。

なので、できれば複数のカラーを持っていくことをおすすめします。

 

 

根魚釣りで釣れる魚種

根魚を釣りに行こうと思ったけど、一体どんな魚が釣れるのかを知らなければ対策の立てようもありませんよね。

そこで釣れる魚種をご紹介します。画像をクリックしていただければ、それぞれの魚種に関するより詳しい釣り方が乗っていますので、ぜひ確認してみてください!

 

釣れる根魚①メバル

メバルは北海道から九州にかけて生息する魚。

しましま模様が特徴的な可愛らしい魚です。

警戒心が高いので釣るのには少しテクニックがいる魚ですが、その分釣れたときの達成感は素晴らしいです。

さらに身も淡白で非常においしいのも魅力。特に煮付けして食べると絶品です。

釣りに行く時期は4~5月がおすすめですね。

旬ですし、産卵後ということもあり活性が高いです。そんなメバルの詳しい釣り方はこちら!

 

釣れる根魚②カサゴ

高級魚としても有名なカサゴ。

種類が豊富で分布地域が広いので、北海道以外のすべての県で釣ることができます。

茶色の斑模様が特徴的ですね。

 

味は高級魚の名にふさわしいほど絶品ですが、その分サイズはほかの根魚よりも落ち込みます。

最大でも30㎝前後にしか成長しません。

 

釣りに行く時期は12~2月がおすすめです。

産卵のために接岸してくるので大型が狙えます。

 

また、おすすめの食べ方はから揚げですね。

非常においしいです。そんなカサゴの詳しい釣り方はこちら!

 

釣れる根魚④アイナメ

アイナメもカサゴと同じく高級魚として有名な魚です。

カサゴほど生息地域は広くありませんが、生息地域は南西諸島と太平洋沿岸を除くすべてと幅広く分布しています。

 

しかし、カサゴとは対照的にサイズは大きく最大60㎝にまで成長します。

北海道は一年中釣ることができますが、それ以外は11~4月までと冬から春先に釣りに行くことをおすすめします。

 

ですが、注意点としてできれば3月ごろから釣りに行くようにしましょう。

アイナメは冬に産卵を行うのでその時期は釣れやすいのですが、資源保護のためにこの時期は釣りをしないのが賢明です。詳しい釣り方はこちら!

 

釣れる根魚⑤クエ

白身魚の王様とも呼ばれるクエ。

今回ご紹介する根魚の中でも最高級の魚でもあり、全釣り人の憧れと言っても過言ではない魚です。

 

北九州エリアを初めとして、千葉県から屋久島までの太平洋沿岸、瀬戸内海水道部、伊豆小笠原諸島を中心に、比較的暖かい地域に生息しています。

サイズは非常に大型で最大まで成長すると100㎝を超えることも珍しくありません。

基本的に通年釣れる魚ではあるのですが、秋から冬にかけての10~2月に釣れる傾向にあります。

 

釣れる根魚⑥ハタ

アカハタもアイナメやカサゴと同じく高級魚として有名です。

生息地域は関東以南の太平洋側、富山湾以南の西日本側です。

その生息地域から特に関西では人気のターゲットとなっています。

 

また、ハタ科の中ではそれほど大きな種類ではないのですが、その分味がよく、カルパッチョは刺身、煮付けなどと様々な調理法で楽しめます。

 

また、釣りに行く時期は6~11月がおすすめです。

というのも、アカハタは熱帯から温帯の海に生息し、海水温の高い時期は活性がよくなるからです。

そんなアカハタの詳しい釣り方はこちら!

釣れる根魚⑦ソイ

ショアから狙う根魚の代表各と言えば「ソイ」でしょう。

種類も「クロソイ」や「ムラソイ」などの種類がいます。

よくメバルと間違えられることがありますが、メバルより体に対して頭部やヒレが大きいのが特徴です。

クロソイが沖合と沿岸を移動すると思われる秋から初冬にかけてと、春から初夏にかけての年に2回が釣りのピークと言われています。

 

総評

今回は根魚の釣り方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

根魚は種類が豊富ということもあり非常に釣れやすいですが、その分狙いの魚を釣るには少し工夫する必要があります。

しかし、釣り上げるのに工夫する分、達成感はすさまじいものです。

根魚は基本的に白身でたんぱくなので、食べても美味しいのも大きな魅力です。

そんな魅力的な根魚をぜひ今週末釣りに行ってはいかがでしょうか?

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り