カテゴリー

秋の青物オフショアジギング ヒラマサを狙え! in外房勝浦2020

秋の青物オフショアジギング 
大型ヒラマサを狙え!in外房勝浦2020

秋の青物シーズン開幕!!

今年の外房エリアのオフショアでは、ヒラマサやワラサが特に好調だ。

 

そんな知らせを聞いて、いても立っていられなくなった筆者…

早速、外房のオフショアに挑むのであった。

 

 

今回オフショアジギングで、お世話になるのは勝浦のジギング専門の釣り船「新勝丸」。

 

新勝丸の船長は、勝浦の釣り船では一番若いが、確かな実力と知識を持った青物ルアーゲームのスペシャリストだ。

また、お客とのコミュニケーションや、一生懸命サポートする姿勢は、とても好感が持てる船長だ。

 

秋晴れの青物日和での出港

釣行当時は、天候に恵まれて、波や風もほとんど感じない秋晴れの良い釣り日和となった。

 

この日の潮周りは「長潮」で潮の動きが少ない日。

更に午前中は潮の動きが少ない。

ということで、「干潮からの上げ潮」に期待を込めて午後の便で乗ることに。

 

この日の釣り人は、私も含めて5名と少なく、ゆったりと釣りができる環境。

釣り座はキャストもしやすい後尾の「トモ」に着座することになった。

 

前半戦はやや渋い状況に・・

前半戦は、午前中にヒラマサが上がったポイントを攻めていくことに。

出港して20分程度で初めのポイントに到着。

 

最初のポイントは水深20m前後の比較的浅いポイント。

潮色がやや悪く、少し濁った状態で青物には少し厳しい状況。

 

130gの「CBONE G2」でボトムを攻めてみる。

はじめは、大きめのワンピッチで誘ってみるが、全く反応を得られず。

 

次にショートピッチで、キビキビとしたアクションで誘ってみる。

ボトムを入念に探ってみるが、ノーバイト。

 

次に中層付近を探ると待望のヒット。

しかし、明らかにヒラマのアタリではない。

ゴリゴリ寄せて、水面まで浮かせると、上がってきたのは良型な「スマガツオ」だ。

スマガツオはスマ科に属する魚で、胸部に斑点があるのが特徴。

この魚、ほとんど市場に出回っていないが、非常に美味しい魚で、漁師でもこの魚だけ持ち帰る人もいる。

 

このポイントでは、結局これが最者で最後のアタリとなりポイントチェンジ。

その後、数か所回るが、ノーバイトが続く・・・汗

 

開始から既に1時間半。

船全体でも1本のみの渋い状況・・・

 

それもその筈で、この時は干潮の潮どまりの時間帯。

この後、夕マズメにかけて潮が動いて、魚の活性が上がることに期待しながら、ひたすらシャクルのであった。

 

夕方になってようやく・・・

この後もひたすらシャクリ続けるが、誰もヒットしない。

 

嫌な予感を感じながらも、とにかく1匹をひねり出そうと試行錯誤

 

すると、潮が動き出したのか、パラパラとバイトが!

 

上がってきたのは、「ワラサ」

コンディションが良いのか、結構な引きで十分に楽しむことが出来た。

 

その後もスマカツオを中心に同乗者も釣れ始める。

しかし、大物の気配はなく移動。

 

やっぱり夕マズメ

日が落ち始めるまでの時間は、なかなか釣れず苦戦を強いられるが、夕マズメは近づくにつれ魚の活性も上がる。

イナダサイズを中心に釣れていく。

 

筆者もボトム付近でヒット!!

一瞬ヒラマサか??と思ったが、少しアタリが軽い・・・

 

上がってきたのは・・・

外房では珍しい良型の

「カンパチ」

その後はイナダ~サンパクサイズが連続ヒットして釣れ盛っていく。

 

しかーし!

今日来たのは、あくまでも「ヒラマサ」狙い。

 

中層付近ではイナワラの群れがいるので、ボトムオンリーに攻めてヒラマサを狙う!

 

もうすぐ終了時間の日没が迫り、集中力を高める。

 

・・・・

・・・・・

・・・・・・。

 

しかし、ここで時間終了。

今回は残念ながらヒラマサは釣れなかったが、色々な魚種に出会えて楽しい一日となった。

まだ外房の秋シーズンは始まったばかり、次こそはリベンジをして、当ブログで紹介していきたいと思う。

 

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り