カテゴリー

水面爆発!千葉の外房釣行でナブラ発見!?釣れたのはまさかの・・・

2020年10月 千葉県外房某所・・・

この日は秋のショアマサを狙って地磯釣行。

 

朝4時、まだ日も出ていない時間帯に山を越えポイントに向かう。

このポイントは駐車スペースからポイントまで、片道30分程度の道のり。

 

雑誌などにも乗っているポイントだが、意外と釣り人は少ないマイナーポイント。

筆者は、メジャーポイントは非常に苦手というか、嫌い。

 

のんびり釣りがしたいのに、わざわざ混んでいるところに行くのは嫌なのだ。

 

意外と知られていないが、メジャーポイントはそれなりに人が入る分、釣果も多くなるのは必然的だ。

でも、人数当たりのヒット率でみたら、メジャーポイントもマイナーポイントも変わらない。

というか、場所の自由が利く分、マイナーポイントの方が有利だとも思っている。

 

確かに、メジャーなポイントは好条件が揃っていて、魚の回遊が多い場所が多い。

でも、知られていないだけで、マイナーな場所でも、魚の回遊が多い場所は数多く存在するし、実際に多くの釣り名人が選ぶのはそんな場所である。

 

 

少し話はズレてしまったので、本題へ(汗

 

ポイントへ到着したのは,ちょうど日が見えるか見えないかくらいの時間帯。

 

外房では、この時間帯は、ヒラマサよりもカンパチの方が実績があるので、先ずはシンキングペンシルで中層より浅いレンジを狙う。

元々、浅い地形の外房ならば、中層以上の浅いレンジでもカンパチは釣れる。

 

しかし、この日は反応なく、日が昇ってしまった。

ここからは、ヒラマサ狙いにチェンジ。

ダイビングペンシルで誘ってみるが、結局ノーバイト。

 

次は、50gのジグにチェンジしてボトムから中層を探る。

10時頃まで粘るが、結局、魚の反応は得られなかった。

 

 

あきらめて、帰ろうと釣り座の反対側のワンドを見ると、水面がざわついているのが見える!?

 

おッ!?

水面がボコボコと数か所でナブラが立ち始める!!!

 

キタか!!!

 

とっさにナブラのやや向こう側に投げ込む。

 

しかし、反応は無し。

時折、小魚に触れているのは分かる・・

 

めげずに投げ続ける。

 

しかし、全く釣れずナブラは沈静化・・・・

 

「さあ、帰ろうか・・」

 

磯の入り口付近まで、帰っている途中にワンドの対岸でまたボイルするのが見える!

急いで対岸の岩場へ!

 

間近でみると、、

 

「ん??なんか小さくね??」

 

岩場付近にはシラスの群れが見える。よく見るとシラスが磯に打ち上げられている。

「こっちがベイトか!そりゃ、食わないわけだ!」

 

そうなるとボイルしている魚が何なのか非常に気になる!

しかし、今日はヒラマサ用のヘビータックルしか持ってない・・・・

 

「何か小さいルアーは無いか・・・。ん、これでいけるか?」

メバル用のマイクロプラグが何故か紛れていた(汗

 

よし、これで狙ってみよう!

早速、付け替えて投げてみるが、めちゃくちゃ投げづらい(涙

 

ショアジキロッドに、1gのルアーは厳しすぎる・・

 

しかし、ラッキーなことに、ナブラは自分の目と鼻のところでずっと続いている。

ふわっと2,3m先にキャストして、トゥイッチで巻いてくると・・・

 

クン!

「来た来た!」

バレないようにゆっくりと巻いてくると釣れてきたのは、

良型のムツ!

 

犯人はこいつだったか!

 

ショアジキでフィネスという展開もあってか、意外と面白いぞ!

同じ要領で、更にキャストすると、またまた良型のムツ。

 

この後は入れ食いに!

更に30cm近いアジも混じって乱舞!乱舞!

 

とりあえず、タイドプールを満杯にして、自分も満足満足!

波の来るタイミングで、全ての魚を逃して、この日の釣行は終了。

 

こういう体験を一人占めできるのもメジャーポイントにはない所。

 

外房では、これからは秋の青物ベストシーズン。

皆さんも、メジャーポイントでゆったりと釣りをしてみてはどうでしょうか?

 

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り