<外房ヒラマサ> オフショアジギングの釣り方/おすすめのジグ&タックル紹介

出典:釣りれぽ

これから外房のオフショアに挑戦したいけど、敷居が高くて挑戦できない・・・

釣り方やルールがわからない・・・

ルアーやタックルはどんなものを用意すれば良いのかもわからない・・・。

 

そんな理由で青物のオフショアゲームにチャレンジすることを躊躇していませんか?

 

大丈夫です!

この記事を読んでもらえれば、きっとあなたの悩みにコミット出来き、何の迷いもなくオフショアにチャレンジできるようになると思いますので、最後までお付き合いくださいね!

 

 

オフショアで大型の青物やヒラマサを釣るオフショアビックゲーム。

特に20キロや30キロを超えるような大型のヒラマサを狙うオフショアの外房ヒラマサゲームは、まさに男のロマンと言えるでしょう。

 

実は外房という地域は、全国有数の大型ヒラマサの聖地。

外房沖にある機械根と呼ばれる複雑な地形があり、そこに大型のヒラマサが回遊しています。

その為、関東だけには留まらず、全国各地から多くのアングラーが外房を訪れています。

 

そのヒラマサゲームの中でも近年では、プラグを使ったプラッキングゲーム(トップゲーム)が人気ですが、個人的に初心者には「ジギング」をオススメします。

ジギングとは、メタルジグをロッドアクションやリーリング(リールを巻き方)によってジグに動きを付けて釣る釣り方ですが、魚を釣るには多少のコツやテクニックが必要となります。

 

そう聞くと一層敷居を高く感じてしまうかもしれませんが、大型の魚を釣る楽しさや魚とのやり取りの経験値、また地形や流れ把握、状況判断などを磨くのに最適だと思うのが、今回初心者にオススメしている「ジギング」という釣り方です。

 

実のところ、年間を通して安定して釣れるのは「ジギング」で、プラグでのキャスティングゲームは色々な要素が揃ってこそ釣れる釣り方になるので、まずは「ジギング」に挑戦してみましょう!

 

オフショアジギング
初心者におススメな理由

釣りには大きく分類して陸から釣る「ショア」と船などで釣る「オフショア」があります。

「ショア」と「オフショア」単純に比較して、どちらが釣れると思いますか?

 

答えは「オフショア」です。

 

この要因には、色々な要素がありますが、一番の要因は釣り場のポイントになります。

 

ショアから釣る場合には、魚の生息しているポイントがオフショアに比べて少なく、魚へのアプローチポイントはどうしても沖合に面した磯場などになってしまう為、危険を伴います。

また、ショアの釣りで釣果を上げるには、「季節」、「気象」、「潮」、「波」、「ベイト」等の様々な要素からポイントを選択しなければなりません。

その為、経験値の少ない初心者ではなかなかポイントを見つける事が難しく、どうしても回遊待ちの「ラッキーパンチ」を待つ状態となってしまいます。

 

しかし、オフショアであれば回遊の多いポイントや魚群探知で魚の反応のある場所で釣る事が出来る為、ポイントを自分で探すことはありません。

 

基本的に、その海域を知り尽くした船長がポイントを案内してくれるので、釣果に結び付くのは当然の流れとなります。

 

多くの方は、テクニックやルアー、タックルは重要だと考えているようですが、大前提として、釣果に一番直結するのは「ポイント選び」であるという事は覚えておいてください。

どんなにテクニックがあろうが、どんなに高級なタックルを使おうが、ポイント選びが出来なければ釣れる事はありません。

 

オフショアジギング
始め方や基礎知識

 

オフショアで釣りをする場合は、先ずは乗船の予約をする必要があります。

詳しい予約方法や一連の流れやルール、必要な道具などは下記の別記事にまとめてありますので、こちらを参考にして下さい。

⇒釣り船予約~当日の流れをバッチリ解説

 

次にオフショアジギングで知っておきたいのが、ポイントへのアプローチ方法です。

 

外房のオフショアジギングでは、「どてら流し」というポイントへの流し方が基本です。

どてら流しというのは、ポイントに対して風を使って船を流していく方法です。


出典:遊漁船Ocean’s(オーシャンズ)の釣果blog

上記の画像で、右手側に魚影やポイントがあるのなら、流れを使って近づいていきます。

その為、この場合の左側はキャストするとポイントから遠のいてしまうので、足元付近に落とすのが一般的です。

そうすることで、自動的にポイントにアプローチできるわけです。

こちら側は向かい風となるので、基本的にはジギングで狙う場合が多いかと思います。

 

反対に右側では、風によって船がポイントに近づいていくことになるので、遠くへキャストするのが基本です。

足元におとすと仕掛けは左側に流れてしまいますので、船底に引っかかったりなどのトラブルが起こる可能性があります。

 

こちら側の場合には、メインはプラグ又はジグのキャスティングになります。

ほとんどの釣り船はポイントごとに右側、左側を入れ替えてアプローチするので、左右でどちらが有利ということは基本的にはありません。

 

オフショアジギング
キャストの方法

乗合の釣り船では、ほとんどの場合は「アンダーハンドキャスト」がメインのキャスト方法になります。

乗船人数が少ない場合や船首(ミヨシ)の場合には「オーバーハンドキャスト」が出来る場合がありますが、「アンダーハンドキャスト」が基本です。

 

アンダーキャストは慣れれば誰でも出来る投げ方なので、とくに心配する必要はありません。

ショアからの釣りと違い、飛距離もほとんど必要ないので、前方に軽く投げられれば問題ありません。

混んでいる場合には、しっかりと正面に投げられるように練習しておくと良いかもしれません。

 

オフショアジギング
しゃくり方&アクション

オフショアジギングで使うアクションの基本は「ワンピッチジャーク」と呼ばれるものです。

他のジャーキングもワンピッチジャークの派生なので、まずはしっかりと「ワンピッチジャーク」をマスターしましょう。

 

「ワンピッチジャーク」とは、リールを1回転させるごとに、ロッドを上にジャークさせる方法です。

初めてオフショアジギングをする方は、無駄に力を入れすぎてしまう事が多く、疲労もかなりのものです。

 

しかし、コツさえ覚えれば、そこまで難しいものではなく、軽い力でもしゃくる事が出来るようになるので、イメージトレーニングと練習が必要です。

コチラの動画は非常に参考になるかと思いますので参考にしてみて下さい。

 

オフショアジギング
おすすめタックルと選び方

オフショアでヒラマサを狙うなら、初めのタックルはジギングタックルがおススメです。

キャスティングでは、シュチュエーションがかなり絞られるますので、いつでも使えるジギングタックルを揃えるのが良いかと思います。

 

先ずはロッド選びですが、ジギングタックルでもキャスティングタックルでもそうですが、最初の1本目は汎用性があって、扱いやすいロッドがおススメです。

具体的には6フィート前半のロッドで、M~MHクラスのロッドが扱いやすいと思います。

 

このロッドパワーであれば、外房で使うであろうジグウェイトのほとんどに対応できますし、ジャークもしやすいです。

まずは、このくらいのロッドで初めてみて、特定のシュチュエーション攻略に必要性を感じたら専門のロッドを購入すれば良いかと思います。

 

 

オススメのジギングロッド4選

私が実際に使用してオススメだったのが以下の4機種です。

はじめの1本であれば上2つのエントリーモデルを選べば、性能、実績等間違いありません。

ダイワ・ブラストとシマノ・グラップラーの同タイプを比べると若干ダイワの方がしなやかです。

グラップラーの方がしゃっきりとした印象です。

 

上位機種のソルティガは言うまでもなく、最高峰のロッドです。

予算さえ許せば、これを選んでおけば間違いありません。

 

後はリールとの兼ね合いで、ダイワのリールが好きならダイワのロッドを選べば良いし、シマノのリールが好きならシマノを選べば無難です。

何故かというと、基本的にダイワ、シマノともに自社の製品で開発テストを行っています。

なので、スペック通りの性能を引き出すなら同一メーカーの方が望ましいと思います。

 

ですが、個人的に一番おすすめなのが、ヤマガブランクスのギャラハド。

国内産の数少ないロッドで、性能、安心感ともに申し分ありません。

リールもダイワ、シマノともに選べるのも良い点です。

DAIWA
ブラスト
(J61MHS/J62MS)

DAIWA
ソルティガR 
J60S-3HI

SHIMANO 
 グラップラー 
TYPE J604

ヤマガブランクス
ギャラハド
633S

 

 

オススメのジギング用リール

ジギングで使うリールサイズは基本的にはダイワ、シマノの8000番(ダイワ旧表記4500番)のものを選んでおけば間違いありません。

ギアはPG(パワーギア)、HG(ハイギア)、XG(エキストラギア)の3タイプのものが販売されています。

まず初めの1台目を選ぶなら、汎用性の高いHG(ハイギア)モデルを選ぶと良いでしょう。

パワー   PG>HG>XG

巻き取り量 PG<HG<XG

 

リールのグレードは上位2機種を選んでおけば間違いありません。

やはり最高級のリールだけあって、耐久性能も抜群です。

(ダイワ ソルティガ/キャタリナ)(シマノ ステラSW/ツインパワーSW)

 

また、モデルチェンジも7~8年に1度なので、長らく最新モデルを使えるのも良い点です。

特にステラやソルティガは10年以上愛用している方も沢山いるので、どれだけタフなリールかわかると思います。

 

中途半端な価格帯のものは、耐久性では上位機種より見劣りしますので、ヒラマサなどを狙うなら常に故障のリスクを伴います。

それならば、個人的にはレンタルタックルを借りた方が良いかと思います。

 

オススメのメタルジグ

外房海域で使うジグは100~200gのジグが基本です。

水深は20~50mの所が多いので、120~150gぐらいが一番使いやすいです。

(水深×2)+60gを目安とするとよいかと思います。

 

先程も触れましたが、外房の水深は浅い所が多く、深い水深で行うようなバーチカルのジグはあまり出番がありません。

なので、スイム系のジグやショートピッチで誘えるジグが強い傾向があります。(状況に寄ります)

 

CB ONE シービーワン G2

 

外房のスタンダードジグ。

とにかく、引き抵抗が少なく、軽いロッドアクションでもジグがアクションしてくれます。

浅い水深の斜め引きに非常に強く、実績も高いのでおススメです。

パッションズ おにぎりジグ

こちらも外房で人気のジグ。

フォールアクションに優れていて、とにかく扱いやすいのが特徴。

実績も申し分ないのでコチラもおススメです。

 

 

オススメのフックセッティング

主に外房で使うなら、アシストフックの1/0~2/0サイズが無難です。

太軸のものを使っておけば安心です。

 

小ぶりな魚も釣りたい場合はツインフックを選ぶと良いでしょう。

アシストフックの長さはジグの1/3程度がベストです。

あまり長すぎるものを選んでしまうとライントラブルの原因となりますので注意が必要です。

 

オススメのラインセッティング

外房でのオフショアルアーゲームでは基本的にPEライン+ショックリーダーを使います。

ジギングではPEラインの3号程度がスタンダードです。

ショックリーダーはフロロラインの60~80lb程度が良いかと思います。

 

キャスティングでのプラッキングでは強引なやり取りが必要な場合があるので、PEは4~6号が使われます。

個人的には、大型が出る場合には5号、その他のシーズンでは4号程度で良いかと思います。

 

リーダーはキャスティングなら個人的にはナイロンライン一択です。

基本的にトップで強引にやり取りする釣り方なので、扱いやすさと強度のあるナイロンが向いています。

こちらは70~90lbくらいがちょうど良いかと思います。

 

オススメのノット(結び方)

PEを使った釣りで最も大事なものはラインの結束です。

どんなに強いラインを使っても結束が弱ければ、全てが台無しです。

下記の動画は実際の外房の船長さんがおススメしているノットで、私自身も使っているものなのでマスターしましょう!

 

PEとショックリーダーの結束↓↓↓

ショックリーダーとリングの結束↓↓↓

 

季節で釣れる魚は下記でチェック↓↓

 

海釣り

 

渓流(淡水)釣り

 

ピックアップ記事

  1. 大原海水浴場でヒラメ攻略!ポイント徹底解説( 大原海水浴場・和泉浦海岸・日在海岸…
  2. <外房釣り場特集>釣れる釣り場を厳選して紹介
  3. 外房の釣れるシーバスポイント3選
  4. 秋に釣れるオススメな魚と釣り方を紹介!堤防や磯で釣れる魚特集
  5. 千葉の釣り場ポイントマップ

関連記事

  1. オフショアジギング

    太刀魚オフショアジギング入門!おすすめのタックルから釣るコツまで徹底的にご紹介!

    太刀魚ジギング。それはオフショアジギングの中でも手軽に楽しめる非常にお…

  2. オフショアジギング

    <オフショア初心者必見>外房オフショアジギング/釣り船の予約~当日の流れをバッチリ解説

    ショアの釣りからオフショアに挑戦したい。大型の魚を釣ってみたい。…

  3. オフショアジギング

    秋の青物オフショアジギング ヒラマサを狙え! in外房勝浦2020

    秋の青物シーズン開幕!!今年の外房エリアのオフショアでは、ヒラマサ…

人気のレシピ

人気の魚攻略

釣りポイント

PAGE TOP